« 自転車事故で免停 | トップページ | 超小型車 »

2012年11月23日 (金)

どうせ取り組むなら、、、

健康を失った状態からの回帰、、、、内服薬に頼る方法、外科的処方に頼る方法、、、色々あるけど、個人的には、備わっていた機能を再生させるような取り組みが一番の理想。

最近の話なら、膝の軟骨の摩滅消耗による膝痛を直すのに、貧乏揺すりによる軟骨再生、、、時間は掛かるらしいけど如何にも自然。

同様に、視力低下に対しては眼球の大きな動きを定期的に取り入れて眼の筋肉の強化で視力回復を目指す方法、、、こういうのも如何にも自然。

体外から物質を注入したり、、、そういう方法で何かを得たとしても、それを自然とは思えない。
一寸した不調、不具合を全て薬や危惧によって補正し続けると、、、、薬や危惧無しで機能を維持させる事が困難な状況になるようで、とても怖い。
本来、何も無くても健全だったのであれば、その状態に戻すのが自然であり、失われた機能というのは、何らかの原因で機能が失われた訳であり、その原因を取り除く事無くしては治癒とは言えない。

そんな訳で、基本は不調の原因を突き止め、その原因を取り除くのに身体の機能をフルに活用するというのが一番だろう。

|

« 自転車事故で免停 | トップページ | 超小型車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どうせ取り組むなら、、、:

« 自転車事故で免停 | トップページ | 超小型車 »