« ガンマ回想 | トップページ | 盲点 »

2013年4月12日 (金)

実用重視、、、

自転車に限らないけど、、、、趣味のモノ、、、度を過ぎて拘ると、使えなくなる。
程々という意識を保つと、、、使い易い。

拘りの度合を高めるのは、

・入手困難なレアモノ
・身の程を超越した高プライス

この2つの要素が増える程に、そういうモノは使えなくなってしまう。特に、価格帯以上に稀少品、骨董品、、、、そういう入手性の困難なモノは然りである。

我が家の自転車でも、似たような使い方のモノが2パターンある。

例えば、ロードバイク
一つは、ステンレスフレーム+初期型アテナ11Sで組んだロード、一つはBSの廉価なロードフレーム+78DURAで組んだロード。
これ、、、ステンレスロードはフレームの入手性を考えると、ダメージを受けると代品の入手はほぼ困難、、、、コンポも然り。それに対し、BSのロードはフレームは汎用品、コンポも豊富な流通量のある品、、、、何時でも補充可能。

他には、スポルティーフ
一つは、東叡のオーダーフレーム+新品の初期型DURA、初期型グランコンペ、その他諸々で組んだモノ。フレームの調達も時間を要するし、選んだパーツ類の入手性は簡単ではない。消耗後の代品調達も厳しい。一つは適当に調達したマスプロスポルティーフフレームに、コンポは現代の入門グレードで構成、、、、拘り無いから何時でも簡単に調達可能。

ピストも然り。
一つは、カタクラのシルクR1-R+先代DURAの構成。フレーム自体の入手性は非常に厳しいだろうけど、一台は安価なタキザワHARP+現代のピストパーツである。

拘りの度合の高いモノは、、、正直、気軽に持ち出して乗りまくるという意識が持てない。殆ど組み上げる過程を楽しむだけで、出来たら眺めて喜ぶだけ、、、、、逆に、モノのグレードに拘りを持っていないモノは、、、、気楽に組んで、ガンガン使っている。少々の小傷、小凹みは気にならない。使っていると劣化はデフォルト、、、そういう意識である。そういう意識故に、そうなっても惜しくない構成故に、こういう意識なんだろう。

で、振り返ると、、、、、実用重視品の方がモノ的にはアリなんだろう。拘りが強いと使えない、、、、、

|

« ガンマ回想 | トップページ | 盲点 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 実用重視、、、:

« ガンマ回想 | トップページ | 盲点 »