« 雨降る前。 | トップページ | ミシュランガイド掲載のお好み焼き »

2013年5月21日 (火)

ロードとスポルティーフの中間

来月のサイクリングに向けて、自転車を一台修正中。
サイクリングということで、天候の変化を想定し、それから景勝地巡りという事で日帰り装備+土産物積載可能という積載性を与えるような自転車。なお、夜間走行は考慮していないので、簡単なバッテリーランプのみという構成。

ロードバイク、ピストバイクとなると、荷物は積まずひたすら走る的だからNG。一方で、スポルティーフとかランドナーのように超長距離で様々な事態を想定した装備品までは考えていないので、それ程の積載性や環境の変化に対応した快適性確保も考えていない。

場所によってはロードバイクで走るような速度域で走りながら、時々には土産を積んだり、、、、という事を考えて、ちょっとした雨で快適性が損なわれないように、、、、

で、考えたのがフェンダーと軽量キャリアを装備したロードバイクということ。基本的なポジションや走行に纏わる部分はロードバイクを基本として、小雨OK、小荷物OKという構成。

で、従来から、そんな役割で使っていたBSテーラーメイドフレームベースの自転車にフェンダーを装着して、昨年迄よりは操縦性を悪化させないに積載能力を見直す事にした。

フェンダーは、以前、小林フレームのロードをベースに造っていたスポルティーフ擬きに使っていた本所工研のテスタッチディアブロのナローフェンダーを使い、キャリアは軽量で汎用的に装着位置を変更出来る日東キャリアM18(アルミステー+パイプキャリア)を極力低重心となるようにチョイス。

なお、巷で売られているようなコンフォートロードとは少々趣は違う。

敢えて言えば、、、、ロードとスポルティーフの中間ということで、ファーストライディングモデル的である。

なお、現状はフロントトリプルで対応しているけど、近々、フロントはダブルに変更しようと思う。この自転車に乗って思うのは、フロントインナーの30Tは全く使う事が無いから、、、通常のスタンダードクランクに変更しようと思う。

|

« 雨降る前。 | トップページ | ミシュランガイド掲載のお好み焼き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロードとスポルティーフの中間:

« 雨降る前。 | トップページ | ミシュランガイド掲載のお好み焼き »