« 管理職 | トップページ | 見直すべきだろうなぁ、、、 »

2013年6月 6日 (木)

完璧ダイエット法

日々の運動を行うのであれば、次の順がお奨め。

1.ストレッチ等柔軟体操、深層筋の筋トレを合計30分程度。
2.箇所を分けた筋トレをローテーションで合計60分程度。
3.全身を使うような有酸素運動を合計で60分程度。
4.1.と同じストレッチ、柔軟体操を30分程度。

合計で3時間、、、、、チョイ長いけど、これがお奨め。

ストレッチ、柔軟で関節の稼働範囲を拡げつつ、全体のウォーミングアップを行う。これは、テレビを見たり、ニュースを見たり、、、ながら作業で十分行える。
気持ち的にも、これから運動しよう!って意識にシフト出来る。

次は、筋トレをローテーションで行うが、箇所毎に10RM~30RMで負荷を調整した運動を行う。身体全体の筋肉を局部毎にトレーニング。ダンベルがお奨め。箇所を切り換えるので、連続的に行える。この組み合わせたメニューを1セットとすれば、3~5セット行えば丁度良い。
なお、メニューを構成する要素は全身を少しずつ鍛えるように全体の筋肉を巡るように注意する。

次は、汗ばんだ状態となるので、そこから有酸素運動を行う。負荷よりも身体自体を動かし続ける事が大事。エアロバイク、ウォーキングがお奨め。本読みながら、テレビ見ながら、、、可能だ。

最後が整理体操的に柔軟、ストレッチでクールダウン。

カービーダンスとか、ロングブレスダイエット、TRFダンササイズ、モムチャンダイエットのように数分~十数分で済むわけではない。毎日最終的には3時間程度の時間を要するが、、、、確実に減量出来て筋肉量を増やす事が出来る。

なお、ダイエット開始時点では、2.の筋トレは不要。取り敢えず、1.3.4のみで1.4.を10分程度、3.を40分程度で合計1時間から始めると良い。そうすれば、半年で過剰脂肪は確実に減少する。体脂肪率が15%に到達した時点で2.を30分程度いれて合計1時間半を行う。筋肉量、循環器系の能力を高めたければ、更に増量して負荷を増やせばOKだ。

持論として、、、、脂肪減量では1kgで7000kcalの運動が必要で、筋肉増量には、筋肥大を招く負荷を与えるのが必須という考え方。そして、時間あたりの必要エネルギーが最大なのが水泳、筋トレだ。そうなると、それを高密度で行うのが最速のダイエット法だという理解。純粋に数字のみで判断すると、こういう方法しか有り得ないだろう。

|

« 管理職 | トップページ | 見直すべきだろうなぁ、、、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 完璧ダイエット法:

« 管理職 | トップページ | 見直すべきだろうなぁ、、、 »