« 中国産、、、、 | トップページ | 薬過剰依存、、、 »

2013年7月 3日 (水)

4Kテレビ、、、、

ソニーの家電エレクトロニクス部門、、、、エンターテイメント部門、金融部門の利益を蝕む部門と成り下がっている。

で、、、、彼らは4Kテレビで再起を掛けるという、、、、

4Kテレビの解像度が聞いてくる画面の大きさ、、、、最低でも32インチ以上、普通に考えると50インチ以上と違うか?

フルハイビジョン放送コンテンツ、、、、その四倍の描画能力を活かすには、元の画像をアップコンバートするのが前提、、、、果たして、アップコンバートして四倍の解像力を表現出来るか?というのも怪しい。

画像の解像度というと、、、結局は画面サイズに応じたモノ。正直、携帯画面ならワンセグレベルで十分、、、、10インチ以下なら昔のVGA解像度、SD画質で十分ではないだろうか?

この時点で、4K解像度を楽しめるマーケットボリューム自体が極めて限られるようにも思う。

4Kテレビに賭ける、、、、何だか、高画素化に傾倒していったデジカメ業界のよう、、、、デジカメなんて、、、L判出力なら結局は100万画素レベルで十分だし、PCの壁紙とかフォトフレームレベルなら300万画素でお釣りが来る、、、、、1000万画素以上というと、巨大サイズの出力時のみ、、、そんなユーザーなんて数える程だろう。

まぁ、我が家だけかもしれないが、、、我が家では130万画素のA101とか200万画素のC-120、150万画素のE-100RSが現役バリバリだし、日常使いはトイデジで30万画素~120万画素機ばっかり、、、

映像コンテンツも車載モニターの7インチ画面で見る際には、DVD画質(SD解像度、30万画素クラス)にダウンコンバートしてHDDに入れて鑑賞しているけど、全く問題無いし十分キレイ、、、、、

果たして、、、4K映像コンテンツを楽しむのは何時?そして、何処で?

ソニーがウォークマンを開発した頃のライフスタイルの提案の具現化という意味からすれば、4Kテレビなんて、企業存続を賭けるには物足りない。所詮、3Dテレビの二の舞だろう。

何より大切なのは、、、、価値観の創世だ。価値観を創世し、マーケットを誘導するような力が必要なのに、、、その辺が理解出来ていないんだろう。

|

« 中国産、、、、 | トップページ | 薬過剰依存、、、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4Kテレビ、、、、:

« 中国産、、、、 | トップページ | 薬過剰依存、、、 »