« ワンワン衛星、、、 | トップページ | 充電コネクター »

2013年7月28日 (日)

家族三人がトラックに追突されて亡くなられた事故、一人残された人の話によると、自動車道上で夫婦で運転を代わるために停車して追突されたという、、、

勿論、追突したトラックの責任が重大なのは変わらないが、自動車道という単調で高速な車の流れ、、、そこには当然リスクがある。そのリスクを考慮すると車線上で停車させるという判断を行った『魔』と言うモノが見えてくる。

山口の集落で連続殺人+放火事件、容疑者が逮捕されたというが、伝わってくる容疑者の人格や人間性から見て、逆に、5人殺人の衝動に到った背景が確実にあるはず。マジョリティ=正義は基本的に成り立たないのは、イジメによる集団暴行とか、組織による不正隠蔽に見て取れるのが社会の構造。
重大事件に到った背景、以前刺されたとか、農機具を燃やされたとか、除草剤を敷地にまかれたとか、それが真実だとすれば、、その積年のストレスを容疑者に与えた考えると、そこまで集団で追い込んだとも言える。集団で心理的に手加減が出来なくなる『魔』というものが伺える。

考えてみれば、なんか物騒な事っていうのは、事件にしろ、事故にしろ、、、まぁ、大丈夫だろ?って感じの隙、魔、、、、そういうモノが確実に存在するのかも、、、

因みに、これって交通事故の貰い事故を極力減らす心構え的な意識で、相当な部分で安全を確保出来るのでは?と考えたりする。

因みに、自動車を駐車場で止める位置なんかは、極力、角は避ける。入れにくさよりも、隣の車両との離れたエリア、或いは、支柱等で分断されたエリアを選んで駐車したり、高速道路を走行中は、大型車両の前方は走らない、常に、後続車両の動向を注視しながら運転、、、、単車で信号待ちでは、車列の最後尾は避けて、背後からの追突を逃れる場所に待避というのが習慣だが、そういう意識は確実に身を守る手助けだと思う。

|

« ワンワン衛星、、、 | トップページ | 充電コネクター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« ワンワン衛星、、、 | トップページ | 充電コネクター »