« 最初の葛藤 | トップページ | ブレストストロークに拘る »

2013年8月26日 (月)

ドライブレコーダー設置位置再検討

ドライブレコーダー、使っているのは最低照度0.01LuxのCCDドライブレコーダー、三ツ葉商事のDR.9ってモデル。
ところが、このモデル、既に廃盤、現在はCMOSで1LuxからのCMOSドライブレコーダーのDR-920ってモデルに変わっているようだ。

それは兎も角、このDR.9、最初はベルクロファスナーを用いたフロントウインドーへの固定を行っていたのだが、このベロクロファスナーは微妙にがたつく、、、ということで、次は、ステーをワンオフで製作してバックミラーのステーの根本部分にバンドで固定できるようにしてみた。

基本、これで良かったのだが、ミラー一体のレーダー探知機も付けているので、ステーに掛かる負担がチョイ大きいか?という危惧、、、っていうのも、夏の炎天下では走行時にミラーが結構振動しているので、、、

ということで、現在、フロントウインドーの上部から20%以内の位置にコンパクトに設置できる方法を検討中。さて、何処に付けようか?

因みに、DR.9、撮影能力は高いけど、地デジとの干渉が酷いのが難点。このブログにもドラレコと地デジの電波干渉対策で訪れる人が少なくないけど、、、、自分の場合、ドラレコの筐体の内側に隙間無く電波吸収シートを貼り付けて、内部基板のチップ、SDカードスロットにも電波吸収シートを貼り付ける対策を施している。
勿論、これでも完全ではないが、無対策よりは受信性能を随分と向上した。少なくとも、市街地走行で地デジ受信がワンセグ受信に変わる事は無い。

地デジアンテナとの干渉も考慮に入れつつ、ウインドー上端から20%以内、ルームミラーの影に入る箇所、、、、そういうピンポイントの箇所に設置、、、現状の設置位置がミラーステーの左サイド50mmの位置、、次は、ミラー本体左端に半分隠れる位置にDR.9を設置、従来位置から60mm程左にシフト。これでDR.9とミラーは完全に干渉しない状態。なおかつ、ドライバー視点からはミラーの影にDR.9は隠れる位置。

ただ、心配なポイントは、ウインドーに貼る地デジアンテナ4本の内の一本にかなり接近、、これが心配、、、取り敢えず、今週はこれで様子を見ようかな、、、、。

|

« 最初の葛藤 | トップページ | ブレストストロークに拘る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドライブレコーダー設置位置再検討:

« 最初の葛藤 | トップページ | ブレストストロークに拘る »