« もう終わり? | トップページ | 見た目年齢 »

2013年9月10日 (火)

ステム

今時の自転車のステム、アヘッド(スレッドレス)ステムが殆ど。円筒パイプのフォークコラムがヘッドパイプを貫通して、ステムをコラムにクランプすることで固定している。非常にシンプルだし、ステムのコラムへのクランプも確実。更に、直接は関係無いが、ハンドルパイプのクランプもオープンクランプでハンドル交換も楽な場合が多い。

しかし、昔の自転車はスレッドステム。フォーク自体はフレームとヘッド小物によって組み付けられており、ステム自体は円筒パイプのフォークコラムの内径側にポストを差し込んで、斜臼、台形臼等で固定する。一般に、ポストとステムは一体構造で、ハンドルパイプのクランプはオープンクランプとはなっていないので、ハンドル交換ではハンドルへ組み付けた部品を一度分解する場合が多い。

アヘッドステムの場合、フォークコラムのパイプの長さとスペーサーで高さ調整が可能だけど、スペーサーを多く入れすぎるとヘッドのガタが発生しやすくなる。まぁ、アヘッドステムの場合、基本はスペーサー無しで高剛性組み付けするというのが原則だし、フォークコラムパイプを一度カットすると、それ以上の位置にハンドルをセットするのは、ステムもライズを変更するしか手はない。

スレッドステムの場合は、ステムもポスト長が長ければ、それに応じてハンドル位置を高くする事ができるが、一方で、フレームのヘッドパイプ上にはヘッド小物、その上にポスト、ステムという構成故に、ハンドル位置を低くするには、ピストの天返しの如くのステムが必要。

言ってみれば、前傾度の高いスポーツサイクルにはアヘッドステムが適しているし、逆に、高さが必要な場合はスレッドステムの方が適しているとも言える。

剛性とか、そういう機能性のファクターで言えば、アヘッドステムの方が勝るのだろうけど、個人的には、自転車という繊細な工芸品的なモノへの印象からは、細身でパーツが機能毎に独立したスレッドステムの方が好み。ロードやピストに乗る場合においても、剛性不足を感じた事はない。

|

« もう終わり? | トップページ | 見た目年齢 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ステム:

« もう終わり? | トップページ | 見た目年齢 »