« 史上最高の夏 | トップページ | 最高の自己満足はコレ »

2013年9月 3日 (火)

クランクセット交換中

先日、BSロードフレームを用いたファーストライディングモデルのクランクセットを交換した。

50-39-30Tのトリプルからダブルに変更だ。因みに、カセットは16-27Tのジュニア仕様。
歯数としては、50-39Tのスタンダード仕様、或いは、50-34Tのコンパクト仕様である。理由は、、ここ何年かのサイクリングにおいてインナー30Tを使う事が無かったという事と、トリプル故のチェーンラインの関係から各チェーンリング毎に心地よく踏める組み合わせが限られるから。
なお、メカはトリプル用のままである。バーコンで引くのでトリプル用でも全く問題無い。

因みに、取り外したFC-5603、これから装着するFC-R700/FC-7800と較べると確かに重たい。

で、BSロードで使っていた105のトリプルのクランクセットFC-5603だけど、これをルイガノのMVF改に移行。元々、SORAの9速FC-3403のトリプルクランクを使っていた。トリプル同士で歯数構成は全く一緒、9速も10速もチェーンの外幅は同じなんでOKという判断。

先に外し重さを感じたFC-5603だけど、取り外したFC-3403を持つと、、、、更に重く、FC-5603が軽く感じる、、、、

ホント言えば、街乗りルイガノは緩めのクラスのコンポが良いけど、SORAと105、余っているなら、、、という判断である。

ところで、このカブトガニクランク、105以上がクランクアームが中空構造のホローテック構造とか、、、BBがベアリングがハンガーパイプ外側に来るエクスターナルベアリングデザイン。軸受スパンが拡がり軸径が拡大出来て剛性アップというのが売り込みだそうだ。そして、作業性はBBを装着してクランクをぶち込んで反対からネジで締めて終了、、、BB長で位置調整という昔の概念は不要。BBもネジ込むだけのもの。
但し、、、商品の見た目はゴッツイクランクアームだし、ギアの無い反対側はシャフトをクランプする構造故に相当にゴツイ。

個人的には、昔ながらのインターナルベアリングデザインが好き。更に言えば、カートリッジ部リングではなくカップアンドコーンタイプのベアリングが好き。HARPのCM-1000にはカップアンドコーンのBBを使っているけど、先代のラングスター時代から使っている。殆どノントラブルだし剛性不足を感じた事は一度もない。

|

« 史上最高の夏 | トップページ | 最高の自己満足はコレ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クランクセット交換中:

« 史上最高の夏 | トップページ | 最高の自己満足はコレ »