« 折り畳み自転車のワイヤー | トップページ | 何ストローク? »

2013年10月25日 (金)

ルーティーンワークでも

ルーティーンの定型業務、、、企業内の殆どの業務が定型業務。もしかすると、定形外業務なんて存在しないかもしれない。その少ない定型業務を社員が取り合いになる場合も少なくない。定型業務、確かに、粛々と消化していれば仕事している感は感じられるかもしれないし、時間を持て余して眠たくなるなんて事も無いかも知れない。
数少ない定型業務に人員が余ったといって多人数で分配すると、、、本来なら余剰人員のリストラというのが普通だが、優しい会社、経営的に切迫していないと、仕事を薄く引き延ばして行うというのが常の事。
そして、そうやって時間に併せて仕事を引き延ばして過ごす事を普通と考える人も少なくない。管理職が新たな仕事の提案を具体的に行えば、こういう問題もないが、こういう組織の管理職の多くは具体化提案が出来ず、抽象論、精神論を振りかざすばかり。
この薄いルーティーンワークに物足りなさを感じる人も多いのだが、実は、こういうルーティーンワークであっても考え方次第で何かが生まれる可能性があるのである。
仕事の方法論、スタイルを、それに従う事しか考えていなければ、自身の存在価値、自身の足跡を残す事は出来ない。そこに何かを残し、次代へのスタンダードとして引き継がれるには何をすればよいか?という意識、、、こういう意識を持ってルーティーンワークを再度眺める事が大事。
再度眺めて、新たな切り口で物事を発見するために一番有効なのは、見ただけでなく、聞いただけでなく、行っている事を一度要約的に記述する事が極めて有効。要約を記述し、案件毎に関連要素、上下関係、そして案件毎の時系列的な関係を書き出す事で、無駄や改善の案が生まれてくるのである。
イメージで理解、習慣で会得したもの、、、この理解の程度と、その理解を書き出す事が出来る状態での理解の程度、、、、これは、実は異次元なのである。

モノを知っているのと、、、、知っているモノを人に伝える能力の違いとでも言おうか、、、

先日受けた人生相談では、そういう方向性で答えたのだが、これは全てにおいて言える事。

|

« 折り畳み自転車のワイヤー | トップページ | 何ストローク? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ルーティーンワークでも:

« 折り畳み自転車のワイヤー | トップページ | 何ストローク? »