« ダイエット成功の86%が、、、 | トップページ | 指導していると、、、 »

2013年10月31日 (木)

偽装続々・・・

阪急阪神ホテルズの偽装に続き、全国のホテルのレストランで偽装が明るみに、、、更には、賞味期限84日オーバーでも販売担当の持論に従い期限を誤魔化して販売というのが明るみに、、、

やはり、当初の予想通り氷山の一角だったのだろう。これは、飲食業界に限らない。昔、姉歯建築事務所の計算書偽装があったし、チョイ前は広島でインプラントで材質を偽装して安価な材質を偽って使用というのもあった。恐らく機械製造業でも同じ。食品業界において食材の産地偽装というのは、健康に直接的な被害を及ぼさないという事で罪の意識が希薄なんだろうが、機械製品なんかがモロに当て嵌まる。例えば、公称数値に対して実際の数値が到達していなくても、出荷段階に計測器具に細工すれば性能数値を満たしているように振る舞うのは楽勝だし、納めてしまえば、それが性能を満たしているかどうかなんて誰も判らない訳だ。計測器具を偽装して、嘘の出荷表、性能試験成績表を添付したりすれば、誰も判らない。

日本は資本主義、、、、資本主義が変質しているようにも思う。利益優先主義で、利益が道徳を超越している企業ばかりなんだろう。道徳が一位、そして利益なら判るが、利益が道徳を超越して、少々の悪事は売り手側の解釈で罪の意識が無くなっているのが問題。善悪の基準を法律でなく、売り手側の都合で決めているのが、このような事態だ。
賞味期限を84日超過というのを、勿体ないし大丈夫という売り手個人の判断で行ったりするのが良い例だし、性能に達していない製品を、如何にも高性能っぽく振る舞って出荷する事に対して、御客様に安心を授けるという論理で嘘の性能を謳うのも同罪。

何にも信用出来ない、、、、経済性が全てを優先するというのは考え物。食品の安全基準だって然り。有毒物質が基準値以下だから大丈夫、、こんな基準も、産地の生活を守るという大義で、実はNGにした時に経済的な支援とか補償を考えると割りが合わないので出荷を容認する政策に過ぎないのだろう。

信じられるモノが無い、、、そんな世の中かも知れない。

|

« ダイエット成功の86%が、、、 | トップページ | 指導していると、、、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89454/58481081

この記事へのトラックバック一覧です: 偽装続々・・・:

« ダイエット成功の86%が、、、 | トップページ | 指導していると、、、 »