« 気胸 | トップページ | 自転車のスタンド »

2013年10月24日 (木)

折り畳み自転車のワイヤー

先日、街乗りDAHONのリアの変速の具合が不調を来した。プル側は変速OK、しかしリリース側の最後の3段くらいが変速しない、、、つまり、Rメカがテンションで元に戻らない状況、、、言ってみれば、ワイヤーの太鼓がリリースされてもワイヤー全体が戻らない状況、、そう、ワイヤーがささくれて引っ掛かって動かないのだろう、、、
で、ばらしてみると、レバーアジャスターの部分でワイヤーが部分的に切断状態、そのささくれが引っ掛かったのが原因。

何故に、ここが切れる?と考えると、折り畳みステムでステムを倒し、ブレーキレバーが折り畳み時に車体に干渉しないようにハンドルのクランプ角度を変更して、、、という作業が原因。朝、車から出して移動、移動先で格納、昼休みに組み立てて、終わって格納、夕方、組み立てて移動して車に戻って収納。1日3回の組み立て操作を毎日行っている、、、これでワイヤーに無理が来たのだろう。

頻繁な折り畳み操作が悪いのだろうけど、折り畳み時にワイヤーが回転しないような取り回しというか部品の組み付けを考えた方が良いかも知れない。

|

« 気胸 | トップページ | 自転車のスタンド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 折り畳み自転車のワイヤー:

« 気胸 | トップページ | 自転車のスタンド »