« もう、完売? | トップページ | バランシング »

2013年10月 7日 (月)

夜間撮影に適したドライブレコーダーは?

今、ドライブレコーダーは前後に一台ずつ装着している。前は三ツ葉商事のEMDV DR.9ってモデルでVGA×30fpsながら最低照度0.01Luxを売りにしたモデル。確かに、夜間の撮影能力は優れている。一方、後はケイヨーのAN-R005ってモデル。これはVGA×15fps、最低照度10Lux未満と言うモデルで、夜間の撮影では殆ど車両のヘッドライトくらいしか確認出来ないような代物。安物のムービーカメラ並で日中しか確認不可能といっても仕方ないレベル。事実、走行映像を撮影するのに使っているGROOVYのEMDC-110並で夜間撮影は不可能。ドライブレコーダーは朝昼夜で何が起こったか?くらいは判らないとダメ。
そんなドライブレコーダー、国産から中国製、韓国製、台湾製と様々に販売されているけど、日中の撮影なら、価格帯、生産国の違いで、それ程の差異は感じない。そして、違いが一番顕著なのは、夜間撮影能力。やはり、ヘッドライトオンリーでも車両の飛び出しとかが判らないと使えない。そういう意味で夜間撮影能力で定評があるのは、前述のDR.9だけど、最近ならソニーの裏面照射CMOSを採用したモデルも評判が高い。他のモデルはどうか?ということで、Youtube等で売れ筋らしいドラレコの夜間撮影画像を見る限り、どれも似たり寄ったり、、、、生産国に関係無いという印象。最近のモデルはHD解像度、それから赤外線LED搭載で夜間撮影能力に優れる的な宣伝もされているけど、正直、どれも大したこと無い。実際にZUIJIのZS720DR05なんかも入手しては見たものの、ケイヨーの超シンプル低スペックの廉価品であるAN-R005ってモデルと較べてどうか?というと、それ程の差異は伺えない。後方車載に用いる場合、自社のヘッドライトも無いような状況。そこでの異常時というと、真っ暗でも、そこそこ映る能力が必要ということで、後方車載用のドラレコを物色中。
そんな中、解像度は別として夜間の撮影能力が非常に優れている!という感想を持ったモノがある。
それは、CANSONICのCDV-280/301と、STEELMATEのDR-108Eである。前者はHD解像度、後者はSD解像度だけど、夜間のヘッドライトのみでの走行映像から判断すると、何が何処にあるか?は、ハッキリと判る。但し、ネット上で検索する限り、CANSONICのドラレコを取り扱っているところが見つからないし、STEELMATEはアマゾンで9450円、ヤフオクで7500円と、SD解像度のモデルで、再生液晶未搭載の旧世代モデルにしては少々割高感が高いのが難点。CANSONICのCDVシリーズなら5000円程度、STEELMATEのDR-108Eなら3000円台で入手できるなら調達してみたい一品だ。

|

« もう、完売? | トップページ | バランシング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夜間撮影に適したドライブレコーダーは?:

« もう、完売? | トップページ | バランシング »