« Kスポーツ | トップページ | 日々の健康チェック »

2013年11月 3日 (日)

DAHONの可変ポスト

一般に自転車のポジションは組んだ状態で固定されている。しかし、折り畳み自転車なら、モノによってはポジションの選択肢が常に選べるモノも存在する。

例えば、DAHONだ。DAHONのステムは倒して車体を折り曲げるが、ステム自体はテレスコープ型で伸縮可能なモデルもある。

ハンドル高さを数センチの範囲で昇降出来て選択可能というのは、街乗りアップライト姿勢から、やや前傾入ったスポーティな姿勢迄自由に選べるのである。
これって、自転車を万能ユースで使う時は結構重宝する機能だ。

昼自転車散歩の際には、強い向かい風の際は目一杯ハンドルを下げるし、市街地部分を走行する際には、比較的アップライトポジションで見晴らしよく乗る事が多い。

このような工具無しでのハンドル高さ位置の変更システム、走行環境が目まぐるしく変わる通勤自転車、街乗り自転車には結構重宝するのでは無かろうか?

|

« Kスポーツ | トップページ | 日々の健康チェック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DAHONの可変ポスト:

« Kスポーツ | トップページ | 日々の健康チェック »