« ニューカー続々 | トップページ | 中学二年理科一分野くらいは、、、 »

2013年11月21日 (木)

携帯工具

自転車で出掛ける。そこでトラブルが起こらないとは限らない。まぁ、メンテナンスをしっかりしていれば、不意のトラブルなんて遭遇する事は希だけど、全くゼロという訳ではない。

例えば、ワイヤー切れ、、、、出掛ける前に新替しておけば大丈夫だけど、通常は目視で確認する程度、、、、それでは折損間近か否かは判断出来ない。
で、出先で遭遇しうる不意のトラブルに対して如何に対処するか?対処の準備を整えるか?

対処すべきトラブルはパンク、、、パンク修理セットかチューブ、インフレーターは必須だが、それ以外に何を携帯するか?

自転車の場合、工具は極力軽量コンパクトにしたい。通常工具は思った以上に重たいのである。

携帯性、出先での修理のし易さ、その辺の兼ね合いで、出先に応じて工具は選ぶ。

日常では基本は工具無しでOKだけど、日常でも10km以上の相応の距離を走る場合は、パンク修理セットは必須。市街地エリア限定なら、パンク修理セット+マルチ工具+ニップル回し程度、、、、しかし、長距離で時間不定のサイクリングなら工具は相当に充実させる場合が多い。ワイヤー、ペンチ、針金、代用可能なサイズのネジを数種類、、、、

バイクの場合は車載工具で相当な事が出来るし、重量が機能に及ぼす影響は大きくないから気にする事はないけど、自転車の場合は、装備品が機能に大きく影響するので結構シビアに選定する。

|

« ニューカー続々 | トップページ | 中学二年理科一分野くらいは、、、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 携帯工具:

« ニューカー続々 | トップページ | 中学二年理科一分野くらいは、、、 »