« チェーンリングはシングルが、、 | トップページ | 手の痛み、痺れを起こす腱鞘炎 »

2013年11月 7日 (木)

慢性腰痛対策決定版

腰痛ネタ。

腰痛には二種類あって、原因の特定出来る特異的腰痛、原因の特定出来ない非特異的腰痛に別れていて、前者が15%、後者がなんと85%だという。

前者の特異的腰痛というと、脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、老化による椎間板症等がある。身体を斜めに反ると痛むのが脊柱管狭窄症、仰向けで寝て脚を上に上げると脚の後ろ側が痛むのが椎間板ヘルニア、、、

このような原因の特定出来る腰痛対策は筋肉強化が有効で、水中歩行等が効果的だという。

他には、ぎっくり腰が原因で多くは自然に治るけど、痛みが慢性化する事もあるそうだ。

さて、それ以外の原因の特定出来ない腰痛の85%を占める原因不明の腰痛、、、、これは、どうするか?
一般的には、寝る際の姿勢を変えてみるとか、、、そういう対策もあるけど、それ以外の決定的対策は、なんと、脳の活性化だそうだ。

そもそも、脳が不活化するとはどういうことか?

それは、体勢感覚野が活性になり、前頭前野が低下、、、この原因はストレス由来であり、多忙であったり、人間関係に悩んだりすると、無意識に痛みを解消する仕草を癖的に行う場合があるそうだ。この無意識動作が、過去の痛みを脳に思い出させ、痛みを思い出すという。

逆に言えば、ストレスを取り除けば、仕草を解消させて、過去の痛みを思い出さなくても済むという。

ストレスを取り除くには、、、そう、趣味に没頭すること。或いは、腰痛が無いとすれば何する?を想像して絵や文章にするビジョンノートを付ける事が有効。

面白い事に、、、、ストレスで腰痛が誘発されているのが最大で85%ということで、これは一種の現代社会病とも言える訳だ。

|

« チェーンリングはシングルが、、 | トップページ | 手の痛み、痺れを起こす腱鞘炎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 慢性腰痛対策決定版:

« チェーンリングはシングルが、、 | トップページ | 手の痛み、痺れを起こす腱鞘炎 »