« バーテープ | トップページ | 飲料の装備 »

2013年11月 4日 (月)

小径車の高速化

小径車を速く走れるように改造する。

一般には、前傾姿勢が確保出来るようにして、それからロールアウトをフルサイズ並に確保するというのが正攻法。

小径車の場合、フレームサイズの選択肢が少ないので、適切なポジションを確保するためには、パーツで変更するということになる。

シート角、リーチといった部分の調整は、ポストのセットバック、ステム長で調整する訳だ。

ロールアウトの場合は、大きなチェーンリング、或いは、小さなスプロケットを調達するという事となる。

但し、この二つの改造で留意が必要な事が少々。

先のポジションセッティング、、、、普通に漕ぐ分には問題無いのだけど、激しいダンシングをしても車体を安定させようと思えば、ハンドルのヘッドパイプと握りの位置の距離を大きくし過ぎると、車体の安定性が大きく損なわれる。
特に、フラットバー仕様のフレームにステム+ドロップハンドルという構造にすると、コラムセンターとグリップ部迄の距離が大きくなり、フレーム側のホイールサイズ、オフセットとのバランスが崩れることになるので注意が必要。
一般に、なんちゃってアヘッド的にステムを付きだして、ドロップハンドル等を組み合わせるとハンドルに荷重が掛かる状況、例えば、下りの旋回前の制動動作、立ち漕ぎ、ダンシング的な加速動作では危険な挙動が現れる。

次の大きなチェーンリングの利用の場合、本来的にチェーンステーアングルがフルサイズの自転車と異なる上に、チェーンの進行角もフルサイズとは大きくずれてくる。
この場合、Fメカを装着すると、Fメカケージの変速用プレスパターンが適切でなくなり変速不良を引き起こしやすい。

この二点は最低注意すべき。

|

« バーテープ | トップページ | 飲料の装備 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小径車の高速化:

« バーテープ | トップページ | 飲料の装備 »