« メンテナンス | トップページ | リアルタイム処理 »

2013年11月14日 (木)

MTB

今持っている自転車、ピストが二台、ロードが二台、スポルティーフが二台、小径車が四台、BMXが一台である。しかし、MTBは持っていない。MTBは?というと、娘がルイガノのFive-Pro、息子にはRITE-WAYのZIT-2020である。

で、先日、会社の先輩社員に自転車要らない?って聞かれて紹介されたのがロードとMTBである。共に、フレームサイズは相当に小さい感じだが、MTBについては大丈夫そうな印象。そして、このMTBで興味を持ったのが、これ、、、シングルスピード仕様のようだ。

そういえば、BMXを購入する前年に、ニシダサイクルさんでMTBのシングルスピードモデルに感心を持ったのだが、その感覚が蘇ってきた。

勿論、要らない?って聞かれるレベルのモノだし、現車を生で確認していないから何とも言えないけど、シングルスピード用のフレームとなると、エンドかBBがチェーン調整用に特殊な構造なモノだろう。

個人的には、MTBもシングルスピードでOKかな?と考えている。日常使いのピストもシングルスピードだけど、車道での50km/h前後での走行~15%級の勾配も取り敢えず問題無い。

MTBではそれ程の速度幅は無い。勾配基準で軽めのギアだとしても、平地で速度を出す想定は無い。自分のMTB利用における平地での想定は、ストップアンドゴーの連続的な使い方しか考えていない。それ以外の使い方は、あったとしても悪路をじっくり乗り越えてトコトコ走るような使い方だから、日常の街中走行なんて無視して良いのだ。

一般には故障が少なくメンテナンスが楽とか、いろんな話があるけど、単純にシンプルというだけだろう。敢えて言うならば、悪路走行中にチェーン脱落のリスクが減る程度だろうけど、悪路ばっかり走る訳でもないから、それもどうでも良い。

因みに、自分がコレをベースに何するか?というと、、、そう、バイクポロ用の自転車を作って遊んでみたいのだ。まぁ、現車を見ない事には始まらないが、個人的には、これに固定ギアを入れたい。普通のピストバイクは速度域や操縦性を考えるとバイクポロ向けとは思えない。

MTBこそ速度域と操縦性ベースがピッタリだ。これに抜群の制動力のディスクブレーキ+ディスクホイールカバーでシングルスピードのポロバイクストリート仕様を作りたい。

|

« メンテナンス | トップページ | リアルタイム処理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MTB:

« メンテナンス | トップページ | リアルタイム処理 »