« カービィーダンス、、、 | トップページ | 改めて運動、、、 »

2013年11月 2日 (土)

筋量

ダイエット、最近の体重的には減量というよりも最近は増量傾向。

勿論、脂肪量は増加を抑えているのだが、その原因は何?というと、、、それは、負荷を増やして回数を増やしたダンベル筋トレの効果だろう。

ここ2年で明らかに腕の太さ、胸の厚みが増えたのが判るが、これで1年間で体重的には+1kg強のペース。トータルで70kg弱というのが現状だが、代謝を高めるためには、オッサン的には代謝の活発な筋肉量アップしかない訳だ。

しかし、、、筋肉量を増やすというのは簡単ではない。年間で1kg増量させるにしても、自分の感想としては相当量の筋トレが必要だったような印象。

勿論、筋トレといってもバリバリに筋繊維の破壊で筋肉痛を伴う筋トレを2~3日間隔で行うというやり方とは違い、筋肉痛は伴わず、疲労痛をインターバル毎に感じる筋トレで、負荷的には10RMがOKな量を繰り返し毎日行うというやり方だ。

目的は、筋持久力+筋力アップで、あわよくば筋量も増やそうという考え方。これで年に1kgというのが増量のペース。

筋量を少しずつアップして、負荷を少しずつアップさせる。ダンベルの重量は、片手で20kgが限界だったのが今は片手で35kgが操作出来るようになっており、確かに筋量は増えている。
ダイエットというのは単に体重を減らして細くなるだけを目指すよりも、過度ではなく、日常動作に必要な筋肉を万遍なく付けるのが理想。その為には、生活における過負荷で筋量アップさせるのでなく、肉体の持つ許容負荷内で繰り返しおこなって筋力アップさせる方が良さそう。

バリバリに過負荷筋トレしてマッチョを目指すというのは、ダイエット、フィットネスを通り越してボディービルド的だと思う。フィットネス的に筋量を増やすのが、所謂健康的なダイエットと言えよう。

|

« カービィーダンス、、、 | トップページ | 改めて運動、、、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 筋量:

« カービィーダンス、、、 | トップページ | 改めて運動、、、 »