« 転職活動状況 | トップページ | プロボックスのリアシートからの異音 »

2013年11月19日 (火)

防犯装備

趣味系の自転車は、駐輪して何処か離れた場所に移動するという状況は無いので、鍵等に特段の配慮をしている訳ではない。

寧ろ、実用系の自転車の方に配慮する方が多い。移動手段の自転車、或いは、ガレージ保管の自転車の方が単価は安いけど防犯の装備を備えている。

自分は、中高生の頃から定番的に利用してきた鍵は馬蹄錠である。中高生の頃の通学自転車にも当時誰も使っていなかった馬蹄錠をパスハンターに装着して通学していた。

そんな馬蹄錠、リアのシートステー部部に沿わせて装着するのが一般的だし、最近は、MTBのVブレーキマウントを利用して鍵が設置出来るアダプターもある。

通常のワイヤー錠は簡単だけど、日常使いでは、ワイヤーを解いて施錠というプロセスが面倒臭いし、防犯能力も今一で携帯性に優れた軽量なタイプは比較的簡単に切断出来る。
大昔の自転車のフロントフォークに装着する鍵も簡単に壊す事が出来る。

しかし、馬蹄錠は壊すのに一手間以上の手間と時間が必要。

それで、自身の自転車ではガレージ保管のBMXと通常の街乗りで使っているDAHONのスピードには馬蹄錠を装備している。勿論、家族の自転車、電動アシスト、ビーンズハウス、ルイガノのFive-Pro、ライトウエイのZIT-2020も馬蹄錠である。
馬蹄錠は、駐輪して即施錠OKという手軽さと、防犯能力が高い次元で両立されているのが良い。

なお、DAHONでは、馬蹄錠をチェーンステーの下側に目立たないように装着している。これには理由があって、サドル抜きの悪戯防止にサドルレールに両端に輪を作ったワイヤーをぶら下げており、駐輪時にはサドルを下げて、ワイヤーの一端の輪を馬蹄錠に通す事で、サドルを目一杯下げた状態でワイヤーを馬蹄錠と結束させて抜き取り防止も行っている。馬蹄錠の場合、施錠状態がリングが閉じた構造となるので、長めのワイヤー等を併用すれば、長時間自転車から離れていても、固定物と結ぶ事で防犯性を更に高める事が出来るので、これはお奨めである。

|

« 転職活動状況 | トップページ | プロボックスのリアシートからの異音 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 防犯装備:

« 転職活動状況 | トップページ | プロボックスのリアシートからの異音 »