« 野菜、大豆の健康型食事で自殺リスク半減!? | トップページ | 経営コンサルタント »

2013年12月18日 (水)

酵素

日本人の戦後の生活は、食生活の欧米化によって、高カロリー高タンパクな食生活。
それで、生活習慣病等に到る、、、その前提で健康を取り戻すために、色んな方法を取り入れまくる、、、、これがトレンド、、、、つまり、前提として多摂取なのである。
しかし、溜める前に溜めない、、、これが健康の鉄則。

そんな身体に無駄を溜め込まない鍵は何か?というと、それは、、、酵素なんだそうだ。
酵素は大きく分けて三種類。
消化酵素、代謝酵素、食物酵素だそうだ。この内、体内で作られるのが消化酵素、代謝酵素。消化酵素は、消化を手助けする役割、代謝酵素は、それ以外。食物酵素は、食材に含まれる成分で消化の手助けをするモノだそうだ。
この酵素、特徴があって、過剰摂取によって大量の酵素が必要となると、消化酵素が優先的に増殖、機能し、結果的に代謝酵素が不足するそうだ。代謝酵素が不足する事で、余ったエネルギー、老廃物が体内に溜まりやすくなる、、、これが肥満の序章だとか、、、
更に、加齢によって酵素量が減少するとも言われている。これは、身体が作る事が出来る酵素量は一生の内に有限であり、加齢と共に酵素不足になるという。そのために、結果的に代謝酵素が不足し太りやすくなるという。一般に、肌のシワ、白髪といった老化現象も或る意味は、酵素不足によるものだという。

そんな状態を改善するのに必要なのが、食物酵素を摂取して、体内の酵素を偏らずに機能させるのが鍵だそうだ。
そして、食物酵素というのは、昔ながらの食べ合わせで消化の手助けとなるような食事、多くは果物、生野菜で摂取する事ができるそうだが、そういう食生活に欧米型の食生活から切り換えるのが大事ということ。野菜をガッツリ食う、、、、これが若さの秘訣だ。

|

« 野菜、大豆の健康型食事で自殺リスク半減!? | トップページ | 経営コンサルタント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 酵素:

« 野菜、大豆の健康型食事で自殺リスク半減!? | トップページ | 経営コンサルタント »