« メッキシリンダーに疑問 | トップページ | パクさん、習さん »

2013年12月 6日 (金)

先入観レスが必要

規格開発型の仕事、、、これは、存在しない業務を行う。で、対象は既存業務だが、それに提案を行う訳だ。
で、提案を行う際に何が必要か?
対象業務に対して全くの素人の知識でどうするか?そういう場合、対象現場に足を運ぶのは悪くないが、そこでの意見収集では意味がない。
無知で意見を聞くと、その色に染まる。判断出来ない頭で判断してしまうから、そこで生まれる知識というのは、意見の収集先の思うレベル以上の事が出来ない。
無知だから聞き回る、、、、これは、正解なようで正解ではない。
どんな業務であっても、少なくとも一般論的な知識、業務意義、業務の価値観等々の基礎知識は必要だし、一般論的に理想を追い求めた場合の自分なりの意見で組み上げた理想像が必要だろう。
その理想というのは空想では駄目であり、その分野を理解するに必要な知識に基づいたモノでなければならない。
その理想を持論とした上で、現実との乖離度を見付け、その乖離の理由、制約を情報として収集するというのが大事。そこで、現実的な要件を考慮した上での持論を持ち、それを提案していくというのが大事である。
現場の文句を一々聞いて組み上げた気持ちになっても、見方次第で結果がふらつく様な案がゴミ以下である。基本は理念に基づいた理想論の提案であり、今を否定するモノではないのである。今の実情を把握した上で、こうすればメリットが生まれるという提案が必要だろう。
企画提案型の業務を行うということは、少なくともターゲットエリアの知識を身に付けて、その知識を駆使した上で案が提供出来なければ務まらない。
そこでは、具体的な案が必要であり、超抽象的な精神論でも駄目だ。具体化させるには知識が必要であり、必要な知識を貪欲に吸収するという前準備が大事なのである。
これは、上司、役員のみならず、部下や後輩にも思う事。
現状への不満を語るのは自由だが、不満に正当な理由が無ければ不平に過ぎない。
誰もが納得する正当な理由を見付け、それを解決する正攻法の提示こそが実現性を持つ訳で、そのための準備は疎かにしてはならない。

|

« メッキシリンダーに疑問 | トップページ | パクさん、習さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 先入観レスが必要:

« メッキシリンダーに疑問 | トップページ | パクさん、習さん »