« 無灯火右側通行 | トップページ | 脚の太さ »

2013年12月13日 (金)

フラットハンドル+アップライト姿勢

先日、夕暮れ時に無灯火右側通行の自転車と遭遇した。道路を左折した途端に前方で発見したのだが、その際の距離は3m程度。そこでの対処は、瞬間的なブレーキングドリフト気味に車体を横向けで制動して回避した。

そんな状況で、そういう風に対処できたのは何故か?

それは、フラットハンドル+アップライトなポジションで非常にコントローラブルな乗車姿勢があったからだろう。
もし、ドロップハンドル+ビンディングのような乗車姿勢だとどうだったか?というと、同じ様な対処は不可能だったように思う。

コントローラブルな乗車姿勢、それから優れた制動装置、、、これは、市街地での事故防止において重要な要素のようにも見える。

ロード系の自転車というと、如何に高い動力を出すか?に力点を置いたポジション、MTBとかBMXとかの自転車は、如何にコントローラブルに扱えるか?を狙ったポジション。素性が違うのだ。

街乗りでは、、、、やはり、操縦性重視というのが正解だろう。

今更ながら、ドロップハンドルの自転車は街中で乗るべきでないという思いを再確認である。
自身、中高生の頃から、市街地でドロップハンドルの自転車は使わない主義だけど、それが正しい使い方という思いは変わらない。

|

« 無灯火右側通行 | トップページ | 脚の太さ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フラットハンドル+アップライト姿勢:

« 無灯火右側通行 | トップページ | 脚の太さ »