« 最近のプール | トップページ | 前立腺癌の最新情報 »

2013年12月26日 (木)

飲み会

最近、酒を飲みに夜の街に出掛ける、、、という事がめっきり減った。しかし、大学生の頃は、週4~5のペースで出掛け、合コンは?というと、月4~6のペースで卒業迄続けていたし、そういう飲食店系でのバイトもやっていた。
しかし、、、卒業してからというもの、基本、合コンはパス。合コンというと、大学生のイベントという認識で、学生時代に社会人がスーツ姿でOLと集まっているのを見て、それは無いだろう、、、という思いを持っていたからだ。
異性と飲みに出掛けるというと、大学も卒業間際から社会人でも二十代の頃は、基本は1対1であり、合同で、、、という事は有り得なかったし、考えられなかった。
学生時代での飲み会の括りというと、バイト仲間、サークル繋がり、大学のクラス(同じ専攻)の仲間、峠友達、レース友達、行きつけのショップ常連繋がりであり、価値観や趣味で共有している部分がある括りだ。
就職後というと、当初こそは職場繋がりも無くはなかったが、基本は、大学の旧友繋がり、峠仲間、ショップ常連繋がり、サークル繋がりである。
しかし、年齢を取るにつれて、大学時代の友人は生活拠点がバラバラになるし、峠に出掛けなくなると繋がりも消える、残りは、趣味系ショップの常連繋がりとか、或いは、趣味の友人繋がりということになる。
それでも、年に何回かは、勤務先で出掛ける事もあるけど、どうも、その場で耳に入る話題というのが、上下間では愚痴や説教ネタが飛び交いがちだし、居合わせない人の批評だったり、或いは、女子社員への交際や結婚等をネタにした突っ込みネタばかりで、正直、ウンザリである。未だ、仕事以外の世界観で共有できる部分が見つかる機会になればとは、思うけど、そういう話が為される雰囲気に遭遇した事がないので、どうも乗り気にならないのである。職場の人間関係で出掛けるのを拒否する訳ではないが、正直、酔った勢いでの説教や愚痴、セクハラか?と思えるような話題で笑う程、人間が出来ていないのである。少なくとも、何らかの目的というか、そういう方向性が定まるように打ち解ける、相談するのであればとも思うが、勢いだけで、、、というのは、少なくとも世代が同じとかでないと厳しい。
まぁ、ストレスの解消に馬鹿話を酒の力を借りて行って発散するというのも判らないではないが、、、、自身ではストレスの解消は、ダンベルとかバーベル、或いは、プールや自転車を使う方が効果的に行えるので、鬱憤晴らし、憂さ晴らし、ストレス解消という理由だけでは乗り気になれない。

|

« 最近のプール | トップページ | 前立腺癌の最新情報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飲み会:

« 最近のプール | トップページ | 前立腺癌の最新情報 »