« 歩道の自転車 | トップページ | 疲労と攣り »

2013年12月 4日 (水)

不干渉の原則

先の記事では、歩道や道路、レーンを利用する場合は、遅い方は譲る、速い方がタイミングを待つという気持ちが大事という事を書いたけど、それに加えて、抜かれたら追い掛けない、無理に追い掛けないというのも大事。

これ、自転車に乗って思うのだけど、、、、ペースが違えば交錯するけど、無理に追っ掛けてとか、、、無理に抜き返すというのもトラブルの原因の一つ。
そもそも、公の空間での遭遇で他人同士である。それで、抜いた抜かれた、、、こんなに馬鹿クサイ事はない。
良い迷惑である。

抜くとしても、なるべく大外から不干渉で挨拶セットで抜けば大丈夫だろうけど、後にピタ付けして直ぐ脇をかすめるように抜くと競争になる。
後から速い自転車が迫ってきた時に、通せんぼして邪魔するのも喧嘩の元だし、抜かれた途端に頑張って、、、とうのもトラブルの元だ。

結局、反応しないのが一番なのである。スルーが一番なのである。張り合ったり、通せんぼしたり、、、、干渉こそが理性を飛ばす感情が行動を支配させる要因となる。
何故に、不干渉でスルーというのが出来ないのか?不思議でしょうがない。

まぁ、不干渉でスルーとういう意識が持てるかどうかは、利用している空間は自分だけのモノという権利主張ばかりしていたら見えない意識。急いでいる人にはどうぞ、そして、お先に失礼、、、そういう場面を想定していれば占拠や通せんぼは無いし、スルーしているから交錯しても腹が立たないのである。

それにしても、大昔でいうと、峠のワインディングでの単車同士、郊外の川沿い道路でのロードバイク同士、周回レーンでのスイマー等々で、意味不明の干渉が生じるのは、不思議なものだ。本来、一人で楽しむモノ、ペースは自分のモノ、なのに、他人同士が競ったり、、、、有り得ない話だ。

|

« 歩道の自転車 | トップページ | 疲労と攣り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不干渉の原則:

« 歩道の自転車 | トップページ | 疲労と攣り »