« 改正道交法での規則追加に思う事 | トップページ | ツーリング向けDHバー »

2013年12月 2日 (月)

尿酸値に潜む死の予言

痛風を放っておくと死ぬリスクがあるという。
痛風というと尿酸値、そういえば、自身も十年前から数年前迄は尿酸値が高止まり傾向だった。尿酸値の基準値は7mg/dl以下だけど、余裕で越えていたのを思い出す。

そんな痛風、どんな動物がなるか?というクイズでは、ライオン、豚、鶏、鮭、どれが痛風になるか?というと、実は、鶏が痛風になるそうだ。
そんな痛風の国内患者は96万人、一歩手前が1100万人にもなるという。
そして、痛風の痛みは男性が生涯で感じうる最高レベルの痛みなんだそうだ。
さらに、痛風と死の関連では、危険度は、実は痛風一歩手前の予備軍状態の人がリスクを抱えているという。

痛風の痛み、それは骨が折れたかのような痛みで、自力では歩けない程の激痛らしいのだが、その痛み自体は痛み止めで解消出来るそうだ。しかし、それを良い事に放っておくと、心筋梗塞に到るという。痛風というと尿酸値が7mg/dl以上、しかし尿酸値が大きくとも激痛に到る人は全体の1割程度だという。それで放置すると、先程の心筋梗塞に到るという。

では、尿酸値が基準値越えの人の何が拙いか?そう、尿酸値が基準値越えの人は、足の親指関節部分に尿酸が溜まっているという。危険な尿酸とは、尿酸の結晶で、身体の中で冷えやすい足の骨の関節等に出来やすいのである。この尿酸の結晶が剥がれ落ちる事で痛みを伴う痛風となるわけだ。因みに、尿酸の色は、鳥の糞の白いヤツ、そう老廃物なのである。

では、何故に老廃物である尿酸を身体に溜め込むのか?それは、肝臓で作られるのだが、それは腎臓で排出されるのだ。しかし、この尿酸が身体に戻されるサイクルが存在する。このサイクルを担うのが尿酸トランスポーターというもの。これは尿酸の9割を回収するそうだ。その理由、それは尿酸自体は、抗酸化作用を持っており活性酸素を消去する役割も担っている。実は人間以外の生物は体内でビタミンCを作れるが、人間は持たないために、抗酸化作用を尿酸によって得ている訳だ。

尿酸値を高めると血管が大きく塞がるそうだが、血管の細胞が尿酸を多く取り込み血管壁が分厚くなる事も判ってきた。そんな尿酸だが、尿酸値が高いと心臓病リスクは二倍に高まるとか、、、そして、最近では尿酸値を生活習慣病の判定に使おうという流れが生まれているそうだ。
問題は、尿酸値が高い状態を痛みが無いからと言って放置プレーする事。尿酸値の上限は7mg/dlだが、女性の場合は6mg/dlを越えるとリスクが上昇傾向となるそうだ。

そして、尿酸値を高める物質は何か?というと、プリン体。プリン体が高いのは、ビールで4~8mg、あん肝酒蒸しで399mg、納豆で113mg、鶏レバーで312mg、白米で25mg、明太子で159mg程度だという。そんなモノよりもダイレクトに尿酸値を上昇させる食べ物、、、それは、、、プリン体含有量としては6mgと少ないけど、ロールケーキ!?っていうより、果糖を多く含む飲食物なんだそうだ。
そもそも、尿酸は1/4が食品に含まれるプリン体から、3/4は新陳代謝やエネルギーの燃えかすから出来るという。
プリン体、果糖類を多く摂取すると尿酸値は上昇傾向だが、大事なのは、運動、、、食生活よりも運動を行う事も尿酸値抑制に効果的。
具体的には、プリン体は1日400mg未満、そして、果糖・アルコールを控えてダイエットを心掛けるという事。肥満だと排泄機能が低下するのでダイエットはとても大事。

なお、それでも高くなる人は尿酸を抑える薬(フェプキソスタット)もある。これは新薬で、副作用が少なく、腎臓が悪くても使用可能、効果も強く安定しているそうだ。

尿酸値が高い人は、早い段階で診療を受けて数値を改善するのが望まれるという。

|

« 改正道交法での規則追加に思う事 | トップページ | ツーリング向けDHバー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 尿酸値に潜む死の予言:

« 改正道交法での規則追加に思う事 | トップページ | ツーリング向けDHバー »