« 下肢静脈瘤 | トップページ | 脳卒中体質? »

2013年12月11日 (水)

幅寄せというか、、、

自転車で道路の左端を走行していると、以前にも増して自動車の幅寄せとか、追い抜きの際の側方間隔が異様に狭いような接近を受けているような気がする。50cmくらい空けてくれれば気にならないが、20cm程度で併走されると、、、正直、思わず手が出る。
こっちがふらついているとかならいざ知らず、殆ど、道路脇の排水の傾斜ブロック上とか、路側帯内を走っていても、そういう行動を受ける事がある。
ドライバーを見ると、全く見ていない場合、それと晃かな悪意の元で行っているような場合がある。
因みに、自転車で走っていると、車同士でも結構見掛けるのが幅寄せとか、嫌がらせ、、、

で、思うのが、何故に、嫌がらせを敢えてするのか?が不思議、、、、虫の居所が悪いのか?或いは、直前の行動でシャクに障る事があったのか?は不明だが、何れにせよ、公道上の遭遇なんて、その瞬間が過ぎれば忘れ去ってしまうようなモノだが、それでも、そういう執拗な嫌がらせとか、、、そういう光景は見ない事が無い。

何故に、敢えてそんな嫌がらせをするのか?が不思議。

まぁ、スポーツ自転車の世界での抜いた、抜かれたの話を含めて、敢えて干渉、交錯を求めているようにしか思えない、、、、不思議だ。

|

« 下肢静脈瘤 | トップページ | 脳卒中体質? »

コメント

おはよう御座います。
そうですね、確かに見ていない車も少なくないですね。最近はドアミラーを畳んだまま運転する人も結構見ますし、、、

自転車で振り返ったら、そちらへふらつくというのも確かにありますね。

注意力が散漫、或いは、ふらつきが防げなくなったら、自転車、自動車の運転を辞める、、、これは大事な考え方だと思います。

ただ、最近は、割り込み行為と、それを絶対に認めない妨害行為というギクシャクした人間関係も少なくないように思います。
そういう荒んだ心による幅寄せも、やっぱりあるような気がします。

投稿: 壱源 | 2013年12月11日 (水) 10時46分

おはようございます。

 最近は、全く見ていない人が増えてきたように感じます。特に、リタイアしてからしばらく経った年代の人に多いように思います。もっとも、その年代で車を運転している人が増えただけかもしれませんが。

 また、見た方向にふらつく人も(こちらは年代によらず)増えてきたように思います。これらの人は、並走する車がいると、そちらが気になるので、どうしても見てしまい、結果幅寄せになるようです。こちらが速度を下げると、気になるのか無意識にか速度を下げてくることも多く、制限速度一杯で走っているときは速度を上げて振り切ることもできないため、困ってしまうことに。

 見たほうにふらつくということで面白い話が。

 片側1車線、センターライン・歩道ありの道路を自転車で走行中、前方に車線中央付近を車線半分くらいの幅で蛇行しながら(意図的にやっているのではなく、踏むことによるふらつき)走行している自転車がいたので、追い抜くことを知らせるため、ベルを鳴らしたところ、先方はこちらのベル音が気になったのか、右肩ごしにこちらを見ようとし、結果、対向対車線側にはみ出し、危険を察知して停車していた対向車線の車のドアに激突。車のドアが大きくへこむ事故になりました。
 
 自転車でラインをキープしたまま安全確認をすることが困難になった時が、自転車の乗り納め時かなと思いました。

投稿: ひでさん | 2013年12月11日 (水) 10時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 幅寄せというか、、、:

« 下肢静脈瘤 | トップページ | 脳卒中体質? »