« 無灯火右側通行 | トップページ | 脚の太さ »

2013年12月13日 (金)

泳ぐスピード

長く一定のペースで泳ぐ、、、その際、ゆったりとゆっくり、人の障害物にならないようなスピードで泳ぐというのが大事。

ゆったりと、ゆっくりと、無駄なく動く、、、大きな動きで水を捉えて推進力を生み出して、生み出した推進力を極力失わないような姿勢を作り惰性で進む、、、こういう泳ぎ方。
これで、泳法は関係無しで25mを25~30秒ペース、50mを50~60秒、3000mなら3000~3600秒だろうか?、、、、このくらいが、人の邪魔にならないペースだと思う。

水泳部的な皆さんは、連続では100~500m的な人が多いが、ペースも速く25mを20秒ペースだろう。50mを40秒、1000mなら800秒チョイのペースのようだ。
泳ぐペースによって疲労の蓄積具合が変わる。長距離となるとペースが落ちる、短距離ならペースが上がる。これが普通だ。

そして、このペースは運動の効果に対して非常に重要、、、、同じ距離を泳いでもスローペースで長時間、例えば、3000mを二時間程度掛けて泳いでも、、、正直、全く運動効果があるとは思えないのも事実。

まぁ、これは自転車でも言える事。負荷掛けず、普通に使っているだけでは運動としての効果は殆ど期待出来ない。運動としての効果っていうのは、顕著な減量とか筋力強化という意味だけど、負荷を感じない運動というのは、せいぜい現状維持が関の山かもしれない。

|

« 無灯火右側通行 | トップページ | 脚の太さ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 泳ぐスピード:

« 無灯火右側通行 | トップページ | 脚の太さ »