« 日韓関係 | トップページ | 不干渉の原則 »

2013年12月 4日 (水)

歩道の自転車

自転車が歩道を走る事を止めさせようという方向。
大きな理由は、自転車が歩道を暴走しているから、、、とされているけど、果たしてそれだけか?
自分にとっては、自転車が歩道を暴走しているという印象は希薄で、自転車の歩道利用の仕方での問題点は別にあるように思う。
個人的な感想では、自転車と自転車の併走運転、自転車と歩行者の並進通行による歩道の幅員占拠、それから、横断歩道における信号待ちで自転車の停車方法が歩道の進行を妨げるような停車、、、、これが、往来を妨げているように思う。

歩道でも一列走行、そして、信号待ちでは歩道を塞ぐのでなく、歩道の進行方向に沿って歩道脇で待機停車するようにすれば、往来はスムーズとなり、対歩行者、対自転車での干渉は大幅に減らせるのではないだろうか?

歩道というのは決して広い幅が確保されている訳でないが、自転車にしろ、歩行者にしろ一部の利用者が幅員一杯を占拠して利用しているのが諸悪の根元のように思う。
譲り、譲られ、、、、これが大事。その為には、交錯がスムーズに行えるように自分以外の余空間を確保した利用というのが一番だろう。

これ、プールのレーン周回で、無理な追い越しとか、永遠の渋滞的遅泳ぎ(通せんぼ)が迷惑なのと同じ。

限られた空間の利用は、譲る気持ち、待つ気持ち、これが大事。一方通行が不平や事故を招き起こすのである。

|

« 日韓関係 | トップページ | 不干渉の原則 »

コメント

自転車と車という切り口でみると、自転車は車道というのは正論だと思います。
でも、日本の自転車の実情をみると、ママチャリとか幼児車、子供車の類は、自転車よりもセニアカーのような準歩行者のような扱いで生まれて進化してきたようにも思います。
正直、子供乗せに子供を乗せたお母さんが車道を走行するのは、ちょっと違うようにも思う訳です。
この辺の事を考えると、車道走行要件、歩道走行要件で車両法を整備して、歩道走行の際のルールの徹底が必要かな?という思いが持論です。
そうなった場合、ルールで雁字搦めする前に、マナーを意識するのが最初、、、という思いは変わりません。

投稿: 壱源 | 2013年12月 4日 (水) 13時02分

おはようございます。
 一番の問題は、交差点での事故の問題だと思います。自動車側から見れば、歩道は意識の外であり、左折時に(植込みの影や、車の死角から)勢いよく飛び出してくる自転車との事故が減りません。(車道走行の場合、ミラーで確認できるが、歩道の場合、植込みなどがあると全く見えないので危険、ルール通り、自転車が歩行者程度の速度であれば問題ないのですが。)
 二番目の問題は、歩行者を優先しないこと。歩道は、「歩行者専用道」であり、自転車は、危険でやむを得ない場合に限り徐行での通行が認められているだけです。現状では、子供の手を引いた親子連れが安心して通行できる場所ではなくなってしまっています。
 おっしゃる通り、マナーで解決できる部分も大きいですが、日本の自転車の事故率が先進国中でダントツに高いのが歩道走行が原因であることは、事故形態などの分析(残念なことに、欧米によるものです)で明らかですので、まずは歩道から車道へ移行することが重要です。
 車から見れば、車道上の自転車は邪魔ですが、常に見えていて、車を意識しているという点で、歩道と車道を渡り歩く自転車よりも安心して対処することができます。幹線は自転車通行禁止とし、裏道は逆に自転車優先とすることで分離することが相互の幸せにつながると思います。

投稿: ひでさん | 2013年12月 4日 (水) 08時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89454/58693470

この記事へのトラックバック一覧です: 歩道の自転車:

« 日韓関係 | トップページ | 不干渉の原則 »