« 初走行 | トップページ | ジャッキー・スタローン »

2014年1月 4日 (土)

バーベルシャフト

過去に何度も記事にしているけど、昨年、バーベルシャフトを全部入れ換えた。スクリューシャフトからストレートシャフトに交換。プレートは従来はスターナットによるねじ込み固定、今は、クランプ式で固定。
で、一年経過だが、結論は大正解。スターナットによるねじこみ式は確実に緩む。しかしクランプ式は緩む事は皆無。なお、クランプ用のレバー付きボルトはキャップボルトに交換して、六角レンチでしっかり固定するように変えてある。
スターナットは、両サイドとも正ネジで、一方が確実に緩むのである。ダンベルの操作を行うと、シャフトが回るので、プレートも連れ周りするが、プレートの持つ慣性がナットを緩めるのである。
クランプ式は慣性が固定ボルトを緩める様には作用しないのだ。
一年間、毎日続けて緩んだ事は皆無。
ということで、ダンベル運動するなら、スクリュー式は駄目。ストレートシャフトをお奨めする。絶対安心だ。

|

« 初走行 | トップページ | ジャッキー・スタローン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バーベルシャフト:

« 初走行 | トップページ | ジャッキー・スタローン »