« 求む!開発のモチベーション | トップページ | 高尿酸血症 »

2014年1月28日 (火)

アルツハイマーを運動というよりスポーツ学で、、

運動で筋肉を刺激すると、成長ホルモンBDNFが作られる。この状態で計算すれば、海馬の神経細胞が再生するそうだ。

成長ホルモンを分泌させて、海馬を使う事で神経細胞が復活、、、これは効果的らしい。

日常生活では、運動をスポーツとして、学問として取り組むのが一番ということかもしれない。

考えながら運動する習慣、、、、これが大事な訳だ。

因みに、アルツハイマーの原因であるアミロイドβは発症の25年前から脳に蓄積され始め神経細胞のシナプスを破壊する。この物質は神経細胞の活動から派生し起きている間に脳に
たまり、寝ている間に排泄されるそうだ。蓄積を防ぐには適度な睡眠が必要という。

今後はアミロイドβの排泄に適切な睡眠時間を探していくそうだ。

つまり、しっかり寝て、そしてスポーツ学として取り組むということだ。

|

« 求む!開発のモチベーション | トップページ | 高尿酸血症 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アルツハイマーを運動というよりスポーツ学で、、:

« 求む!開発のモチベーション | トップページ | 高尿酸血症 »