« ハンドルジャケット | トップページ | トランス脂肪酸 »

2014年1月22日 (水)

痛みの発現、消失

筋肉痛、関節痛、神経痛とか疲労痛、故障痛と痛みには様々な種類がある。
最近は、年末からの背中から脇にかけての筋違え、それから大でん筋周りの起床時の痛みと、色んな痛みに悩まされてきた。
そんな痛み、始まりの瞬間というのは割と覚えている。何某かの行動で違和感を感じた瞬間であり、次の瞬間には、当該部位に力を入れたり動かしたりする事が困難な程の痛みに陥ったりする。

痛みというのは、始まった瞬間より翌日とかの方が激しい場合が多い。それでも、徐々に痛みは軽くなっていくのだが、痛みが消える瞬間というのは、興味深い話だけど、突然、何事も無かったような状態となる。これが凄い不思議である。痛みの消えた方が余りにも突然すぎて、痛みが無くなった状態から普通に運動なり活動なりして良いモノか?と悩む事が多い。
実際、痛みが無くなると、殆どの動きが可能となるのだが、どうしても再発のリスクを考えてしまう。

再発のリスクというのは、元々の生活で生じた不具合であり、元々の動きの何処かに無理がある訳で、その無理な行動がなんだったのか?が判らないと、全く安心して活動するという風にはならない。

以前、左手首の強烈な痛み、ドケルバン腱鞘炎に陥ったけど、沐浴が原因と判ったので治癒後は沐浴の仕方に配慮することで安心して運動できたけど、先日の大でん筋の痛みについては、明らかにコレだ!って原因が見えないだけに通常通りの活動をするのはチョイ不安だったりする。

痛みがフッと消え去るのは有り難いけど、同じ状態に陥らないようにするためには、その痛みが何由来か?を突き止めるのが一番大事だ。

|

« ハンドルジャケット | トップページ | トランス脂肪酸 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 痛みの発現、消失:

« ハンドルジャケット | トップページ | トランス脂肪酸 »