« 臀部違和感の治癒判断 | トップページ | 筋トレよりも有酸素運動よりも »

2014年1月20日 (月)

寝起きで腰~臀部痛

起床時、寝起きで腰痛、、、これで検索すると結構出てくるけど、これに遣られた。
そもそもは、背中の筋違えを来したのが発端。これは昨年末の12/26だったと思うが、無理な姿勢を保たざるを得ない状態で背中が遣られたのだが、それが治る前に、年末大掃除で数時間連続の雑木刈り、家の大掃除を行ったのが間違いの始まり。
少々の筋違えは無視して痛みを放置して普通に活動、そして普通に運動すると、、、正月から起床時に背部に微妙な痛みを感じるようになった。
それでも、無理矢理活動すると違和感が消えていたので、正月休みも普通にピストで走り回ったりしていたのだが、正月休みの最終日には起床時に相当な痛み、違和感を感じる状態。
それでも、動けば気にならない状態、、、、
年明け最初の週は普通に過ごせたものの、三連休の最終日には、どうしようもない程の痛みを感じ、三連休最終日を休養日に充ててみた。
で、連休明けの朝も微妙に痛み、、、翌日は痛みはかなり解消、、、、、、、
このような起床時の背部の痛み、、、原因は何よ?って調べると、、、腰痛とは異なる様子で、大臀筋酷使による疲労が原因とか、、、そして、入念なストレッチが有効ということ。それにしても、ストレッチは十分行っているし、筋トレも欠かしていないのに、、、
でも、背中の痛みをおして活動する際には、臀部の筋肉に相当な無理を強いていた可能性がある。背中を丸めた前傾度の高いDHバー前提のピスト走行を休暇中に強行したのが臀部疲労の回復にはアウトだったのかもしれない。
三連休最終日のピスト実走は控えてからは、明らかに回復傾向、、、そして、日中の昼ポタとか、DHバーを握らない普通のドロップハンドルでは体調に変化は無い、、、、結局、DHバーを握るポジションというのは、やはり、それに応じた体調で乗るのが大事ということだろう。DHバーで大でん筋を使っているという事が改めて実感である。

|

« 臀部違和感の治癒判断 | トップページ | 筋トレよりも有酸素運動よりも »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寝起きで腰~臀部痛:

« 臀部違和感の治癒判断 | トップページ | 筋トレよりも有酸素運動よりも »