« ブログ整理 | トップページ | STAP細胞! »

2014年1月30日 (木)

使う筋肉と到達速度

年末以来、身体を傷めたり、疲労が蓄積したりと、体調が暫く万全でなかった。
実際、起床時は臀部から背部、腹筋あたりの疲労感が抜けず、動かす事が困難な程であり、実際、自転車に乗って定例コースを走行しても、巡航速度は35km/h維持が限界で、向かい風になると一気に速度を失う感じ。

で、思ったのは、老化?衰え?という印象。

しかし、、、先々週からは痛みも無くなり疲労感も無い状態、、、、それで、痛み再発を抑えて定例コースを走行したのが先々週から。で、先週は殆ど完璧に近いコンディションだったので、踏み気味に走行してみた。

すると、、、向かい風でも35km/h維持は楽勝。40km/h維持もコンディションに影響されるけど楽勝。

違いは?というと、身体の各部の筋肉を使っている?を意識しながらペダリングを行うと、脹ら脛は当然、太股の裏も当然、臀部も然り、腹筋も然り、大胸筋~上腕部筋肉もペダリングに寄与しているのが判る。

痛みを抱えていた時は、少なくとも臀部、太股の裏辺りは使っていた感覚が無いので、この使っている筋肉って結構重要という印象。

全身運動的に筋肉をしっかり使うと、その分、速度が乗りやすい。

目から鱗というより、改めて実感。

|

« ブログ整理 | トップページ | STAP細胞! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 使う筋肉と到達速度:

« ブログ整理 | トップページ | STAP細胞! »