« 臀部違和感の治癒判断 | トップページ | 筋トレよりも有酸素運動よりも »

2014年1月20日 (月)

サルコペニア肥満チェックと対策

1.BMI25以上
2.骨格筋率22%(27.3%:男性)未満、
この二つになるとサルコペニア肥満、、、筋肉が落ちたところに脂肪が付くから見た目は変わらない。胸に手を当てて片足で椅子から立ち上がれるか?でもチェック可能。

対策は身体で作り出す事が出来ない必須アミノ酸であるBCAA(筋肉のエネルギーの源となる唯一の必須アミノ酸で、筋肉内の必須アミノ酸の内30~40%がBCAAで構成されている)を赤身の肉、赤身の魚、卵、牛乳等で摂取+筋トレ 。筋トレはアシを肩幅より広く開いてスクワット。中腰から立ち上がりを繰り返す。最後はつま先立ちで腕を後に伸ばし胸を張る。あとは、ウォーキング等の有酸素運動が有効だそうだ。

|

« 臀部違和感の治癒判断 | トップページ | 筋トレよりも有酸素運動よりも »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サルコペニア肥満チェックと対策:

« 臀部違和感の治癒判断 | トップページ | 筋トレよりも有酸素運動よりも »