« 久しぶりに積雪 | トップページ | 不眠対策は効果的? »

2014年2月10日 (月)

何時の時代の和食が良いの?

どの時代の和食が健康に優れものか?を研究した人が居るそうだ。

研究では、1975年、1960年、1990年、2005年の15年スパンで四つの年の平均的メニューを割り出して評価したそうだ。

すると、1960年の場合、米の割合が大奥、おかずの種類、量が少ない傾向。1975年に比較すると栄養バランスが劣るそうで、1990年は乳製品、イモ類が豊富だが、食の欧米化で朝のパン食傾向が増えてカロリー過剰傾向、2005年は米が少なく、肉類、油脂類が多く、丼、パスタ等の単食メニューが目立ち油分の過剰摂取傾向があるという。

これらに対して、1975年は、果実類、海藻類、魚介類が豊富、卵、豆類、砂糖も使われており、このメニューで実験すると、内臓脂肪が蓄積しづらく、コレステロールも低く保たれる。タンパク質、脂質を魚介類から摂取し、わかめ、ひじき等の海藻を多く摂取し食物繊維が豊富に摂れているためだそうだ。

|

« 久しぶりに積雪 | トップページ | 不眠対策は効果的? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何時の時代の和食が良いの?:

« 久しぶりに積雪 | トップページ | 不眠対策は効果的? »