« 震災復興に違和感 | トップページ | 新型ハリヤー »

2014年2月15日 (土)

微妙にFメカ

通常のスタンダードクランク、歯数構成は53-39T、52-39Tとか、、、トリプルの場合は50-39-30Tなんて構成が多い。
併せるFメカはダブル用、トリプル用から選ぶ。

我が家ではクランクトリプルのバイクには、ルイガノMV-F改で50-39-30T、BSロードで同じく50-39-30Tって組み合わせ。これに併せて使っていたFメカはトリプル用を選択していたけど、微妙に50-39-30Tという組み合わせでは如何に微妙に調整してもケージがチェーン等と干渉、、、、アウター歯にケージプレートアウター側を併せて変速したらフロントセンター時にチェーンとケージプレートが接触、、、センターポジションで接触しないようにFメカ位置を下げると、アウター時にケージプレートアウター側がチェーンリングに接触、、、

最近のFメカはケージプレートにプレスパターンが打ち込んであり、そのパターンはチェーンリングポジションから移動する際には出っ張っており、移動後は出っ張りプレスが無いという風になっており、歯数構成が限られた組み合わせでなければ、干渉等の不具合が出やすかったりするみたい。

で、BSロードはトリプルからダブルに交換。ダブルといっても50-34Tという歯数構成である。この状態、普通ならダブル用のFメカを調達となるのだけど、モノは試しにトリプル用のFメカをそのまま使って位置確認すると、実にイイ感じ。変速操作にストレスは無く、どのポジションでも干渉無し、、、

結局、50-34Tというコンパクトクランクのダブルの構成でFメカはトリプル用というイレギュラーな組み合わせだけど、、、思いの外、好調。

|

« 震災復興に違和感 | トップページ | 新型ハリヤー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 微妙にFメカ:

« 震災復興に違和感 | トップページ | 新型ハリヤー »