« 健康増進課プレゼンツの公園 | トップページ | 家庭内LAN再構築 »

2014年4月17日 (木)

糖尿病予防、三つの実践!

病気の予防、癌に続いては、糖尿病だ。
まずは、なりやすい人、それから、効果がある三つの実践の紹介。
糖尿病になりやすい人、それは、家でゴロゴロする事が多い(運動不足)、朝食べずに夜ドカ食い(食事習慣)、若い時のズボンがきつくなった(肥満)。
ということ。注意点は、二十歳のときの体重より5kg以上増えたら危険ということ。この原因は内臓脂肪の可能性が高いからだ。
他には、家族に糖尿病の人が居る。妊娠糖尿病だった。糖尿病予備軍だった。で、判定は、空腹時血糖値で正常値は100mg/dL未満、糖尿病は126mg/dL以上、予備軍というのは、その間ということだ。糖尿病のとなると正常な人の3倍の確率で合併症となりやすい。神経、目、腎臓等に起こる訳だ。
こんな糖尿病の予防。
運動不足に対しては、週に150分の運動、食べ過ぎに対しては腹八分目、肥満に対しては3ヶ月で3kg減を目標にする。これで、糖尿病リスクは半減するという。
肥っている人は摂取カロリーは一日200kcal減らすのが目安。御飯で二口、菓子パンなら小さいの一個、せんべい一枚というレベルだそうだ。
このような目標を実践するには、食事では野菜をしっかり摂るということ。因みに、饅頭一個がキュウリ7本、もやしだと二袋が同じカロリーだそうで、間食はカロリー的に非常にヘビーだそうだ。
運動では、早歩きで移動すること。目標は一日一万歩が目標。
後は、体重計に乗る習慣を付ける事が大事。体重計に乗る癖をつければ体重は案外増加しないそうだ。たしかにそうだろう。体重計はデジタル式がお奨めで、定刻計測するのが判りやすいそうだ。

|

« 健康増進課プレゼンツの公園 | トップページ | 家庭内LAN再構築 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 糖尿病予防、三つの実践!:

« 健康増進課プレゼンツの公園 | トップページ | 家庭内LAN再構築 »