« フレーム&フォーク、手配しました。 | トップページ | アクセス解析ツール »

2014年6月22日 (日)

肩の健康は?

肩の状態がどうか?肩こり、放っておくと悪化する。ということで、これをまず把握。
そもそも肩の健康が害されるとはどういうことか?肩は肩の関節と周りの筋肉でこの機能が確保されている事が重要。
肩が壊れるとはどういう事か?というと、最初、筋肉が硬くなり、そして関節に負担、それが肩関節の病気に繋がる。結果、肩が動かなくなるというのが流れである。
一般に肩こりというのは、肩の筋肉が動きにくい状態。それ故に、肩こりで肩が動くかどうかチェックするのが大事なのである。
チェックでは、肩がどのくらい動くかをチェック。勿論、無理はしないのが大前提。
最初は、腕開きのチェック。
脇を締めて肘を曲げて掌を上に向ける。その状態から腕を左右に開く。前方が0°真横が90°で45°以上開けばOKという。
次は、万歳チェック。壁沿いに立って、掌を壁に付ける。その状態から手を伸ばして前方から上に手を伸ばしながら上げる。その際に、左右に差が無い状態で上がるかどうか?
同じく、掌を腿に沿わせて、その状態から左右に開き真上まで上がるかどうか?をチェック。
肩開き、万歳のチェック両方OKなら健康、腕開きだけOKなら筋肉の問題、両方NGなら肩関節の問題。
肩の痛みの原因は、五十肩(肩関節周囲炎)で腱板断裂、石灰性腱炎、他には、内臓の病気、心筋梗塞、狭心症の可能性もあるそうだ。
腕開きチェックでは、筋肉のチェック、万歳チェックでは肩胛骨の動きのチェック、肩胛骨を引っ張り上げる僧坊筋が機能しているか?のチェックなのである。
肩回しのチェックは、自覚運動で肩が動かせるか?をチェックである。方法は、脇を締めて、手を動かさないように、肩を動かして円が描けるかどうかのチェック。チェックは前、横、後からチェックする。これは肩の運動にもなっているので、チェックする事で運動することにもなるので、時折行うのがお奨めだという。
これも、Eテレ、きょうの健康からの情報。この運動、時折行うのが良いかも知れない。

|

« フレーム&フォーク、手配しました。 | トップページ | アクセス解析ツール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 肩の健康は?:

« フレーム&フォーク、手配しました。 | トップページ | アクセス解析ツール »