« タブレットPC調達 | トップページ | タブレットPC選びは? »

2014年7月23日 (水)

シャフトカラー

ダンベル、バーベルのプレートの固定方法としてお奨めなのは、スターナット式でなくレンチ式がお奨め。スターナットによるスクリュー締め込み式は、プレート差し込み部全体がスクリュー構造となっておりスクリュー端部でメッキ剥離が生じやすいのと、スクリューが緩みやすいのが難点。
メッキが剥離して崩落すると怪我の元である。
この手の機器、汗で錆びるのがデフォルトだけど、その防錆にクロムメッキは今一である。防錆なら、せいぜいユニクロメッキで止めるべきだ。
で、レンチ式のシャフトに用いるシャフトカラー、どんなのがお奨めか?というと、
ダンベルの場合は、レンチの締め付けボルト先端のみで止めるモノの場合は、締め付けトルク不足で緩むと危険なので、ボルトはキャップボルトに変えてしっかり固定するのを進めるが、シャフト全周で固定するモノなら安心。
バーベルの場合は、重量が大きいので、レンチ式でカラーを固定後に、プレートの遊びを無くしてアジャストカラーで固定できるオリンピック社のEカラータイプ、STEELFLEXのプレート押し込み式バーベルカラーがお奨め。カラー単品で数千円と安くないけど、安心感と安全性からお奨めである。

|

« タブレットPC調達 | トップページ | タブレットPC選びは? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シャフトカラー:

« タブレットPC調達 | トップページ | タブレットPC選びは? »