« 周回走行は無理か? | トップページ | 土砂災害事後論 »

2014年8月22日 (金)

愚痴かも、、、

開発業務を個人ではなく組織として取り組むのが目標だとか、、、、良い心掛けだと思ったけど、組織改革後の蓋を開けてみると、看板が変わっただけで体制は同じ、、、
正直、やる気ゼロである。

そもそも、開発というのは、誰もやっていない事をやるのが開発。儲かる話というのは、聞いて始めるのではなく、己で見付けるモノ。
そもそも、余所から持ち込まれる話で美味しい話なんてあるはずないのだ。美味しい話というのは、金脈みたいなもので、己が掘り当てるモノ。その作業こそが開発なのだ。その開発の成果を余所に、やってみない?って話自体が有り得ないのである。

新しい価値観、新しい論理を生み出す事が開発であり、その作業は、ある程度のスタッフ×相応の年数×相応の予算が必要なのである。それでも見つかるかどうかは保証されない。基礎研究~実証に到るアイテムも千三つの可能性だろう。大事なのは、ある程度のスキルと知識を備えたスタッフの中に稀に居る極少数の創造力が重要で、それが無ければ、実際に知恵が生まれる事は殆ど有り得ないのが現実。極一部の発想をチームで具現化し、最終的に製品化するという仕組みこそが必要。
初期の創造は一個人のアイデアかもしれないが、それを具現化させるプロセスでは、所謂実験計画法等に従った手順による開発が必要で、アイデアを具現化させるには、当然、要目毎に分担可能なスタッフが必要なのだ。

更に、ホントの意味での開発というのは、相当の年数が必要であり、成功による普遍化、失敗による収束作業には、相当の年数が必要なのも事実であり、其処までの覚悟がなければ、この開発という事なんて出来はしないのだ。

そういう事を知らないモノが『開発、開発』と叫んでも、なかなか成功するものではないし、仮に偶然何かを生み出したとしても、その普遍化、或いは、収束に要する年数で業務を組織として引き継ぐ事が可能か?を考えると、そういう体制がなければ、結局、途中で投げ出す事になるのが関の山であろう。

開発に限らず、組織業務では、業務が特定の個人の特別のスキルのみに依存してはダメなのである。保有する人材であれば、誰でも引継可能な案件を行うというのが大事。人材集団に見合った業務を行うべきというのを認識すべきなのである。

この度の組織改編で聞いた話で笑ったのは、行いたい事がNASAレベル?、、、多分、バカだろう。模倣と偽装でしか物作りが出来ない集団が、NASAとか大学機関が発明した技術を模倣して運用できるなんて事を考える事自体がナンセンスなのである。

まぁ、取り敢えず開発を行うのなら、手伝える事としては、人材の任意の誰かに、その資質に応じた取り組みを行わせるという事。任意の人材なら誰でも出来るレベルのアイデアの行使に留まらせる事くらいだろう。

|

« 周回走行は無理か? | トップページ | 土砂災害事後論 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愚痴かも、、、:

« 周回走行は無理か? | トップページ | 土砂災害事後論 »