« 8/3~8/9の週の検索ワードピックアップ | トップページ | 時間配分 »

2014年8月11日 (月)

DAHONのシートポスト

DAHON系折り畳み自転車のシートポスト。通常はφ33.9mmのロングポストが用いてある。フレーム側のポストシムは、P8モデル以上は削り出しアルミ、それ以下はアルミ板金製(昔は樹脂製)である。樹脂製ポストシムは、ポストを傷つけず、新品の頃は締まりも良いのだけど、経年で圧縮されて薄肉硬化して劣化する。結果、締め切れず、走行中にポストがずれる事がしばしばある。
アルミのポストシムでは、当初は走行中にポストがずれる事は稀だけど、折り畳み操作を繰り返し、頻繁にシートポストの昇降を行っていると、シートポストとポストシムの摩耗が繰り返され、シートポストの外径が少しずつ小さくなるという問題が出てくる。
すると、乗車時位置のポスト径は摩耗して小さくなり、クランプで固定しても緩めとなる。そんな乗車位置状態でクランプの締め付けを調整しておくと、折り畳み時にクランプする箇所ではポスト径が摩耗してないのでポスト径が太すぎてロック出来ない状態となる。これを踏まえて実用使いでも下がらないポスト仕様を見直す事に、、、

基本、樹脂シムはずれまくった経験からパスするとして、ポストを見直す。その結果、廉価なOEM車両にしか使われていないスチールポストを探す事に。理由、アルミポストよりは摩耗に強いだろう。締め付け時の摩擦係数も一番大きいので、これがベストか?という判断だ。まぁ、ヤグラが一般車の鉄ヤグラになるけど、実用だからOKだ。元々、DAHONに軽量化でカーボンポスト云々は考えていないので、スチールでOKだ。
因みに、対象のDAHONスピママ号は、フォークもP8フォークでなくD7フォークにして、折り畳みステムもアルミのP8系用ではなく、2006年式D7用のスチール製の折り畳みステムを採用している。理由は、ヘッドの緩みが少なく頑丈だから。D7フォークとP8フォークではコラム長が違っていて、D7フォークの方が、折り畳みハンドルによるクランプ代が長いのである。ただ、D7ステムの難点はステムの昇降調整箇所の樹脂ステムの締まりが悪く、走行時に徐々にハンドルが低くなる事。この欠点が解決できれば、非常に手の掛からない折り畳み自転車になる。
重量よりも、日常使いでのメンテナンスフリー度合でパーツセレクトしている。

|

« 8/3~8/9の週の検索ワードピックアップ | トップページ | 時間配分 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DAHONのシートポスト:

« 8/3~8/9の週の検索ワードピックアップ | トップページ | 時間配分 »