« 次の愛車探し | トップページ | 新型プロボックスへの声 »

2014年8月 9日 (土)

移動の下駄

ここ最近は、移動の下駄にDAHONのスピママ号を活用していたけど、先週からAV50を使っている。

これ、結構楽である。コンパクトバイクだけどポジションはゆったり。乗り心地はフワフワ。パワーは無いけど町内移動なら必要にして十分。何も不満は無い。
移動の下駄として考えると、自転車も便利だけど、原付も楽だ。重量車では、乗る前装備も面倒臭いけど、この手のレジャーバイクなら無問題。

向かう場所にもよるけど、原付を有効活用するのは悪くない。そもそも、家族で移動するなら、家族が自転車故に、バイクでは不便、、、となるけど、単独で移動するならバイクの方が楽である。当然と言えば、当然だけど、改めて実感である。

ところで、広島市のナンバープレート、いつの間にか、『区』表示が無くなって、上に『広島市』となっている。自分のは上は『東区』である。数字の下に『広島市』表記だ。数字の桁数は変わっていない。もしかして、市内の登録台数、減ったのかな?

チョイ前は、ジョルカブとか、或いは、グロム、KSR-PRO辺りが欲しいか?とも思っていたけど、AV50がコレだけ調子良いと、これでOK!的な気持ちになる。AV50のチューンを考えていたけど、必要無さそう。
因みに、AV50を調達したのが、1988年である。今から26年前だ。γ500を買ったのと同じ年。γ400を買ったのは1987年だ。その間の事を色々と思い出してしまう。
γとかAV50を見ていると、当時考えていた事や、熱中していた事等を思い出す。一種のタイムマシーンみたいな存在。ということで、もう暫く大事に乗っていく事に決定だ。

AV50というと、四輪の免許を取った時に江波の免許センターで行われていた原付講習に使われていたモデル。当時乗ったのは、黒タンクに赤いAVロゴが入った前期型だけど、AV50は昔から結構好きなバイクなのだ。

|

« 次の愛車探し | トップページ | 新型プロボックスへの声 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 移動の下駄:

« 次の愛車探し | トップページ | 新型プロボックスへの声 »