« 愚痴かも、、、 | トップページ | 漫画 »

2014年8月22日 (金)

土砂災害事後論

大規模土砂災害の被害が明らかになるにつれて、評論家の意見を聞くと、、、何故に、早く避難勧告を出さなかったか?或いは、どうして宅地開発をこんな所に?とか、予防避難は出来なかったか?、、、、という話を聞く。

しかし、当日の気象の雨雲レーダーでも当地の雨を予測しきれていなかった。雨雲の流れ方で雨の予測は可能だっただろうけど、その場で断続的に積乱雲が生まれ続ける状況では雲の移動による降雨予測は実質不可能だった。

自身の居住区は現地から15kmはなれた東区だったが、東区での雨は午後10時頃の20分程度だったけど、その雨も突然にやってきて、降り始めてからは激しい雷もあり、移動は不可能な状態。雨が降って以降は移動不可能で、雨自体が予測出来ないもの。つまり、実質、手の施しようのない降り方の雨だったのである。

敢えて言うならば、地形的、地質的、断層数的に、太田川西岸流域の標高の高い山の山裾上の扇状地は、万が一のリスクを想定すべしという、昔から広島に住んできた人の意識を如何に捉えるか?次第だったのではと思う。ただ、この地域の災害といっても十数年~数十年に一度あるかないかレベルの頻度なのも事実で、一般には、朝陽を受ける西側の東向き斜面というのは生活空間として非常にすぐれており、日常の快適さを重視すれば、この地域に住むという考え方もアリなのは事実。

今回の雨、当該地域で発生し続けた積乱雲、発生した時刻、発生した積乱雲による常識のレベルを超えた雨量、、、、実質、予測不可能で、前後の変化を含めて考えると、避難勧告を出したところで、その瞬間には避難が出来た状態では無かったのが現実。事後論では、何とでも言えるが、実際にはどうにも出来なかったのが現実だろう。

広島自体、大雨、地震、台風のリスクは大きくはないけど、それでも地域によっては、こういう事態に遭遇する可能性がある場所もある。その可能性を忘れては為らないと言う事が教訓なのだろう。

これを教訓に、ハザードマップ等で己の居住域が、どういうリスクを有しているか?を、自覚するのが大事なんだろう。

|

« 愚痴かも、、、 | トップページ | 漫画 »

コメント

こんばんは!色んなサイトがありますよね!
このような災害の後は、いつもの事ですが、もしも的な話がでますが、今回の雨は、時刻とサイトの予想を遙かに越えた雨量故に、どうしようもなかったのでは?という気もします。
我が家では、AM1:30から一応は警戒態勢をとっていましたが、普通には難しかったように思います。

投稿: 壱源 | 2014年8月23日 (土) 00時38分

仕事柄ですが、普段からこんなサイトで、雨雲の動きをチェックしています。
行政でもチェックはしていると思いますが、こんな気象が異常ではなく、常態化するようなら、個人でもチェックが必要になりそうですね。
http://www.tenki.jp/radar/

投稿: あのこら | 2014年8月22日 (金) 23時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土砂災害事後論:

« 愚痴かも、、、 | トップページ | 漫画 »