« 合間にも腹筋 | トップページ | 迷う »

2014年8月20日 (水)

EC-SA8、調達!

この度、程度が良好そうな表題の機種を入手した。
これは、EC-SA10をルーツとしたEC-SA11のMCモデルで、クリーナーヘッドが抗菌Ag+イオンブラシになったモデルで、基本構造は先代を踏襲している。
この系列の共通した特徴は、サイクロンユニットが手元の高い位置にあり、クリーナーヘッド周りがコンパクトなのが特徴のスティック式クリーナーで、電源は有線式である。コードレスでは、長期使用における電池の保ちとパワーに懸念があり、クリーナーヘッド周りにサイクロンユニットが装備されたモデルでは、テーブル下とかの込み入った箇所での機動性に難点があるので、このヘッド周りがコンパクトで方向が自在に変えられてパワーが持続しやすいモデルは貴重なのだ。更に、使用中において簡単な操作で自立させる事が可能であり、非常に使い勝手が良いのである。
ヘッド周りにサイクロンユニット+モーターを装備したモデルでは、自立可能であってもヘッド周りの機動性が損なわれているし、手元に基本ユニットを装備したダイソンのクリーナーで簡単に自立させる事が出来るモデルは少ないのが現状だ。
我が家では、2000年に初代モデルであるEC-SA10が登場したと同時に地元家電量販店で購入したが、2008年に故障。一度はOHして修理するものの最終的に修理不能となった。その後、2008年に中古のEC-SA10を購入し、OH&クリーニングして使用していたが、やはり消耗による能力低下、パーツ損傷したために、2011年に後継のEC-SA11(2001年製)を調達し、OH&クリーニングして使っている。なお、EC-SA10は、初代機と中古機を解体して程度の良いパーツを組み合わせて組み直して二階専用機として使用中である。
ところが、快調に使っていたEC-SA11だけど、本機もモーター周りからの異音が多く出だしたために、後継機を検討していたが、この度、EC-SA8(2004年製)の使用頻度が少なそうなモデルを調達できたので、これを調達してみた。
基本的には、EC-SA11と同じモデルであり使い勝手に変更は無い。気が付けば、廃盤になって既に10年以上経過したモデル。最近のモデルの方が静かで吸引力が強力なのだろうけど、構造が非常に簡単で、なによりもクリーナーヘッド周りがコンパクトな本モデルは結構使いやすい。

|

« 合間にも腹筋 | トップページ | 迷う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: EC-SA8、調達!:

« 合間にも腹筋 | トップページ | 迷う »