« 8/10~8/16の週の検索ワードピックアップ | トップページ | 腹筋割るのに掛かる日数は? »

2014年8月18日 (月)

腹筋

腹筋を鍛える。簡単なようで簡単でない。腹筋を鍛えるために、シットアップベンチを使う、腰を痛めないように膝を曲げる、動作では背中を床に完全に密着させるまで戻すべきか?
色々な考え方があるが、大事なのは鍛えたい部位をしっかり動かす事。身体の体制がどうか?ではなく、どんな体制でも動かしたい部位が動いているか?が大事。ベンチ台に背中が密着させるかどうか?とか、膝を曲げるかどうか?ではなく、要は腹筋部分をカールさせながら筋肉を収縮させられているか?が問題なのである。
最近話題のワンダーコアっていうのは、負荷を抜いて効果的に動かすという部分に着目した機材だろう。
体幹の筋力アップを目的に、ストローク幅を広くしたり、腹筋台の傾斜を大きくしたり、併用アレイの重量増を試みても、結果的に負担感が変わらなければ、腹筋には思った程効いていないということだろう。
当初、このようなトライを行ってみると、行っている時には負担感を感じるけど、その時だけで、どうも効いている感じを受けないのが正直な印象。
で、行ったのは、負荷よりも、ストロークの幅、傾斜よりも、当該部位にしっかり力が作用しているか?腹筋だけに力を入れて状態をカールさせられる動きに限定した動作。
すると、運動を行って四時間程経過したら、強烈な筋肉痛を感じる。
となると、負荷、傾斜、ストローク幅よりも、腹筋を収縮させることで変化する姿勢を覚え、その姿勢変化を腹筋の収縮だけで行わせるような小幅でも動かす筋肉と動く姿勢の関連性を見失わない動きが重要ということだろう。

筋肉を効果的に付けるのを狙うと、やはり鍛える部位を動作させる事で、身体の何処が動くか?を理解した上で、その関連性を忘れない動作を行うと言う事だろう。

|

« 8/10~8/16の週の検索ワードピックアップ | トップページ | 腹筋割るのに掛かる日数は? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 腹筋:

« 8/10~8/16の週の検索ワードピックアップ | トップページ | 腹筋割るのに掛かる日数は? »