« 今時のDAHON | トップページ | 美しい姿勢と歩き方 »

2014年10月 5日 (日)

φ34のクランプ

クランクフォワードポジションを実現するためにネックになっているのが、レイバックポストの取り付け。
当初はアルミ角材で何とかしよう!と思っていたけど、一番見た目的にスマートで、セットバック量の調節自由度の高さに注目して、BMXのレイバックポストを用いる事にした。ただ、このレイバックポストを使う上での問題が浮上。
このレイバックポストは外径22.2mmである。そして、DAHONのシートポスト差し込み径は34mmだ。で、アルミのDAHONのシートポストパイプが外径34mm、内径が27.2mmと言う事が判り、これに、外径27.2mmm、内径22.2mmの一輪車用シートポストシムを調達して、DAHONのシートポストにシム経由でレイバックポストをクランプして利用する計画で進行していたのだけど、その為に必要なのが34mmのクランプバンド。

当初、GTのφ34mm用シートクランプを用いる予定でオーダーしたものの、これが欠品、、、、そして、現状ではφ34mmのクランプが入手困難と言う事、、、、
で、φ34をしっかり固定するには如何なる方法があるか?
一番手っ取り早いのが通常の34.9mmバンドに0.4~0.5mm厚のシムを使って処理するのだが、シムを多用するのは出来れば避けたい。
で、考えた案は何か?
案1
それは、モンキー、ゴリラ、ダックスのフロントフォーク径がφ34である。他にも旧車ではXS1等もそうだ。この単車のフォークを固定する材料。例えば、ステアリングダンパーホルダーとか、クリップオンハンドルベースクランプとか、それを利用する方法。

案2
次は配管で呼び25Aの立バンドを用いる方法。これ、外径34mmのパイプに対応し、バンド締め代が6mmあるから対応可能。この中でハード立バンド、提灯式立バンド辺りを使えば確実に固定できる。

どっちかの方法で対応予定。頑丈さで言えば、ハード立バンドが一番かも、、、、。

|

« 今時のDAHON | トップページ | 美しい姿勢と歩き方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: φ34のクランプ:

« 今時のDAHON | トップページ | 美しい姿勢と歩き方 »