« 歯周病、、、、 | トップページ | 政治と金 »

2014年10月20日 (月)

普通が一番

単車選び、車選び、自転車選び、、、、色々していると、つい昔ながらの構成を好んでしまう。

今は単車選び中だけど、やはり、コンベンショナルな普通が好きだ。
倒立フォークより正立フォーク、インジェクションよりキャブ、コの字断面よりパイプ、アルミより鉄、ピボットレスよりピボット有り、メッキシリンダーより鉄スリーブ、、、、確かに、新しい技術も良いけど、新しくなくても良いから普通で手間が少なそうなのが良い。
フォークなんて正立の方がシンプルだしオイル漏れ頻度も少ない。最近はインジェクションも良いのだろうけど、長く維持するためには電子制御は少ない方が安心。コの字断面より閉断面の方が強いし、掃除も楽。ピボットが無いとエンジン下ろしたら移動不可能になる。修正コストが安価な鉄スリーブの方が安心、、、、

となると、なかなか踏ん切りが付かないのが現状。自転車のフレームも然り。樹脂より金属が好みだし、シールドベアリングより普通のカップアンドコーンが好み。車でも自動装備満載よりも何も付いていない方が好み。

新しい技術も目的があって生まれたモノだろうけど、その技術が普遍化しないようなモノ、一発モノで終わったり普及していないようなモノは、やはり怪しい。単車の世界なら、水平配置のリアダンパー(RZV、KR)、ロータリーダンパー(TL系)、ピボットレスフレーム(VFR、VTR-F、CBR929)、開放断面フレーム(SV)、、新しくても普及して標準化しているような技術、最近ならインジェクションとか、昔ならCDI、フルトラ、モノショックとか、、、そういうのは割と受け入れる事ができるけど、そうでないのは、受け入れがたい。

|

« 歯周病、、、、 | トップページ | 政治と金 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 普通が一番:

« 歯周病、、、、 | トップページ | 政治と金 »