« クランクフォワードサイクル用ハンドル選び | トップページ | 確定拠出年金、利用する? »

2014年10月 2日 (木)

クランクフォワードバイクの踵ペダリング用ペダル選び

基本、スポーツサイクルに乗る時はトラックペダル+トークリップ、ストラップが定番。街乗り車両のバイクの場合は、プロムナードペダルが多い。BMXでは標準の踏み面の広いフラットペダル。

で、今度は西DAHONベースのクランクフォワードバイク。これ、レッグプレス、オール漕ぎ的な脚力の伝え方前提なんで、踵に近い土踏まずで踏む予定。となると、トークリップは邪魔。で、どんなペダルにすべきか?手持ちにシルバン・プロムナードを持っているけど、チョット違うような気がする。

フラットペダルでも踏み面が広く、スニーカーの靴底後半分がしっかり乗るような踏み面がプレート形状のペダルが良いかも、、、滑りにくく、、となると、サイプが埋め込んであるようなモノが良いかも、、、踵キャッチが優れ、踏む時に滑りにくい構造のペダルを選びたい。

パッと見て良さそうなのは、三ヶ島のMKS LAMBDA(ラムダ)ってペダル。これ、前後方向に長く踏む面のフラットで広い。そして、前端、後端がサイプ状の加工が施してあるので、チンタラ走るには非常に良さそう。

|

« クランクフォワードサイクル用ハンドル選び | トップページ | 確定拠出年金、利用する? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クランクフォワードバイクの踵ペダリング用ペダル選び:

« クランクフォワードサイクル用ハンドル選び | トップページ | 確定拠出年金、利用する? »