« ノーベル賞受賞! | トップページ | 予知夢、予言 »

2014年10月 9日 (木)

クランクフォワード用フレーム

西DAHONをクランクフォワードバイクに変更するのに、今は日東のマルチポジションバーとアカギの25Aハード立バンドが入荷するのを待っている状態。レイバックポストや135mmのショートクランクセットは調達済みだ。
で、この自転車を図面化して思った事、、、、それは、レイバックポストでサドルセンターはシートパイプセンター位置から随分と後にずれる。そう、体重が掛かればパイプを曲げてシートパイプを折り曲げるような偶力が掛かる。
これって、あまり望ましくないし、前後輪の荷重分布を考えると過激に後輪荷重となっている。
仮に、シートパイプを60°辺り迄寝かせたフレームを作ったとすると、前後輪の荷重分布は調整できそうだけど、シートパイプに掛かる斜めの力ばかりは、どうにもならない感じ。

となると、、、シートパイプは普通に73°程度にした状態で、ハンガー位置をフロントフォワードさせるのが、物理的に正しいフレームワークが作れそう。前後荷重バランスを考えても、そっちの方が正しい気がする。

|

« ノーベル賞受賞! | トップページ | 予知夢、予言 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クランクフォワード用フレーム:

« ノーベル賞受賞! | トップページ | 予知夢、予言 »